fc2ブログ

川越の登録文化財(埼玉)

川越といえば重伝建の「川越市川越」があり古い建物の多い町ですが,重伝建選定範囲外にも古い建物は多く,国の登録文化財もそれなりにあります.

手打ちそば百丈(旧湯宮釣具店)
【手打ちそば百丈(旧湯宮釣具店)】(HDR合成,撮影:2022年7月31日)

今は蕎麦屋さんになっている釣具店だった建物.昭和9 (1934)年以前に建てられたもので,意匠のおもしろい看板建築です.



日本聖公会川越キリスト教会礼拝堂
【日本聖公会川越キリスト教会礼拝堂】(HDR合成,撮影:2022年7月31日)

大正10 (1921)年の煉瓦建築で,教会の建物です.



川越商工会議所(旧武州銀行川越支店)
【川越商工会議所(旧武州銀行川越支店)】(HDR合成,撮影:2022年7月31日)

昭和3 (1928)年の鉄筋コンクリート造で銀行の建物です.写真は祭りのときに撮ったので,飾りがついてます.
スポンサーサイト



テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 埼玉

結城の町並みと登録文化財(茨城)

茨城県結城市というと結城紬で有名な織物の町.「結城紬」は重要無形文化財で,ユネスコの無形文化遺産にもなっています.そんな結城の町は「見世蔵」と呼ばれる 商業用の蔵造りが多く残っていて,登録文化財も多数あります(登録文化財の結城酒造株式会社新蔵,安政蔵の2棟は今年5月に焼失).

武勇見世蔵・脇蔵
【武勇見世蔵・脇蔵】(HDR合成,撮影:2022年3月21日)

見世蔵と脇蔵が並んでいて,写真奥の方が見世蔵です.江戸末期で結城の見世蔵では最古のものです.慶応年間創業という造り酒屋の建物で,他にも蔵や煙突が登録文化財です.



結真紬見世蔵
【結真紬見世蔵】(HDR合成,撮影:2022年3月21日)

明治40年頃の見世蔵です.もとは呉服店でした.奥にある主屋も登録文化財です.

この向い側に大和屋結城店という江戸末期の大型の見世蔵があって,文化財未指定・未登録ながら貴重な見世蔵です.



秋葉糀味噌醸造見世蔵
【秋葉糀味噌醸造見世蔵】(HDR合成,撮影:2022年3月21日)

味噌醸造業の店舗.大正13年の建物だけど,昭和9年に道路の拡張の際に改修されています.結城では新しい見世蔵です.

こんな感じで結城の登録文化財を紹介しましたが,保存策として登録文化財の制度は不十分なので,特に価値のあるものは市指定文化財にするべきかと思います.一応,重伝建にすることも協議しているということなので,今後に期待.ユネスコの無形文化遺産の結城紬の町だし,それにふさわしい歴史的景観が維持されるべきではないかと思います.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 茨城

旧三河島汚水処分場喞筒場施設を見てきた 【日記】



今日は 重文の「旧三河島汚水処分場喞筒場施設」を見てきました.
日本最初の近代下水処理施設です.

見学には予約が必要で,
決まった時間に行って,
何人かまとめて案内してもらうところなのだけど,
今日は自分一人だけでした.
おかげでじっくり写真撮れて楽しめました.

川越城本丸御殿(埼玉)

お城の建築の中でも現存例が少なく貴重なのが御殿.その一つが川越にあるのですが,現状では県指定の文化財です.

川越城本丸御殿
【川越城本丸御殿】(HDR合成,撮影:2022年7月31日)

江戸初期には本丸御殿があったようだけど,元禄の史料ではなくなっていて,弘化3 (1846)年の火災で二ノ丸の御殿が焼失し,本丸に御殿が建てられたとのこと.棟札から嘉永元 (1850)年の上棟です.16棟からなる広大な御殿でしたが,明治になると移築されたり解体されたりで,玄関と広間のある1棟のみが現存しています.

県指定文化財としての名称は「川越城本丸御殿及び家老詰所」.家老詰所は別のところに移築されていたのを戻したもので,本来の位置とはちょっと違っています.幕末の建築なのでわりかし新しいのと一部しか残っていないのが,国指定にまでなっていない理由だろうけど,それなりに規模の大きな建築だし,現存御殿の貴重さを考えると国指定でもいいように思います.

城跡は県指定史跡.こちらも県指定だけど,残っている部分は少ないし,希少性などは特にないので,まぁそんなもんかとは思います.中ノ門堀なんかはよく残っていて,深い堀はなかなか見ごたえがあります.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 埼玉

山根六角塔(埼玉)

石造物,特に板碑はいろいろあって面白い埼玉県ですが,こんなのもあります.

山根六角塔
【山根六角塔】(HDR合成,撮影:2022年7月31日)

現状では県指定の史跡.板碑を6基(1基は欠失)あわせた石幢です.この類の石造物は「石幢」と呼ばれるのだけど,文化財としての名称は六角塔となっています(これ自身にも六角塔婆と書かれてある).写真で見るとそこそこ大きそうだけど,高さ1.15 mでちんまりとしてます.貞和2 (1346)年に道教という人が建てたものと書いてあります.それぞれの面に異なる梵字が彫られているけど,6つあわせてどういう宗教的意味があるのかよくわかりません.写真正面は不動明王をあらわすカーンマーンの種子.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 埼玉石造美術

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク