曼陀羅寺 (愛知) 【重文】

愛知県江南市にあるお寺で,塔頭も多い浄土宗の大寺院.建造物2件が重文です.

曼陀羅寺正堂
【曼陀羅寺正堂】(HDR合成,撮影:2016年3月21日)

寛永9 (1632)年の再建.桁行五間,梁間五間の規模で,正面に軒唐破風の付いた向拝が付く構造です.もとあった正堂は紫宸殿に擬していたそうで,再建のこのお堂にも住宅建築っぽさがあります.



曼陀羅寺書院
【曼陀羅寺書院】(HDR合成,撮影:2016年3月21日)

正堂の北側にある銅板葺の建物です.寛文3 (1663)年から延宝2 (1674)年にかけての再建.江戸初期のこの地方の書院として貴重な遺構です.

曼陀羅寺では他にも美術工芸で重文があります.



名称:曼陀羅寺正堂(まんだらじしょうどう)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:愛知県江南市大字前飛保

名称:曼陀羅寺書院(まんだらじしょいん)
文化財区分:重要文化財(近世以前/住宅)
所在地:愛知県江南市大字前飛保


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛知 重文 寺院

白河関跡 (福島) 【史跡】

東山道の関門の地です.「みちのく」の入口で,歌枕としても有名.

白河関跡
【白河関跡】(HDR合成,撮影:2016年12月31日)

関が設置された年代などは分かっていないようだけど,8世紀末の文献(延暦18 [799]年の太政官符)に見られることから,8世紀にはあったようです.写真は空堀・土塁の跡.中世の館跡のようにも見えるけど,この内側で奈良・平安時代の土器が出土していたりするので,古代の防禦施設の遺構のようです.

平安の歌人は奥州の地に憧れて地名の印象だけで歌を詠んじゃったりしていたんだけど,白河の関も歌の名所(歌枕)でした.松尾芭蕉も奥の細道の旅で訪れたわけだけど,当時はすっかり遺跡化していてどこが関跡かも分からない状態でした.ここが関跡だと比定されたのは寛政12 (1800)年のことで,白河藩主松平定信の研究によるものです.考証の経緯などを記した古関蹟碑も当地で現存しています.



名称:白河関跡(しらかわのせきあと)
文化財区分:史跡
所在地:福島県白河市大字旗宿


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 福島 史跡

志登支石墓群 (福岡) 【史跡】

福岡県糸島市にある遺跡.弥生時代のお墓です.

志登支石墓群
【志登支石墓群】(HDR合成,撮影:2016年2月11日)

弥生時代の早期から中期にかけての遺跡.支石墓というのは朝鮮半島などにも見られる支石の上に上石をおいたタイプのお墓です.支石墓が10基あり,甕棺墓も8基みつかっています.ここでは上石が露出しているのみで,支石墓の構造は観察できないのですが,上石が大きいのは分かるし,この下に人頭大の支石があるということなので,なかなか大きな規模の支石墓です.副葬品として石鏃が出土しています.

写真は西を向いての撮影で,正面の山は可也山です.



名称:志登支石墓群(しとしせきぼぐん)
文化財区分:史跡
所在地:福岡県糸島市大字志登


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 福岡 史跡

圓光寺本堂 (滋賀) 【重文】

滋賀県野洲市にある寺院建築です.珍しい切妻のお堂です.

圓光寺本堂
【圓光寺本堂】(HDR合成,撮影:2016年4月23日)

康元2 (1257)年の建立で,部材(内外陣境柱・棟木)の銘から建立年が明らかです.江戸時代の修理で入母屋になっていましたが,昭和の解体修理でもとの切妻に戻されました.両流造の神社建築のようにも見えるけど,中は内陣・外陣・後陣・脇陣に分かれていて中世密教本堂と同様の間取りになっています.

圓光寺は江戸時代に長福寺と圓光院を統合したお寺で,本堂は長福寺の本堂でした.本尊の「木造阿弥陀如来坐像」は藤原期の作で重文.本堂の前に立つ「圓光寺九重塔」は本堂と同時期の石塔で,これも重文.鎮守社の「大行事神社本殿」も重文です.



名称:圓光寺本堂(えんこうじほんどう)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:滋賀県野洲市久野部


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 滋賀 重文 寺院

妙興寺勅使門 (愛知) 【重文】

愛知県一宮市にある寺院建築です.

妙興寺勅使門
【妙興寺勅使門】(HDR合成,撮影:2016年3月20日)

妙興寺は貞和4 (1348)年創建の寺で,臨済宗妙心寺派の大寺院.貞治4 (1365)年に伽藍が完成しており,この創建当時の建造物がこの門です.四脚門形式の禅宗様の門.今は桟瓦葺だけど,建立当時はそんなものはないので,檜皮葺か何かだったかと思います.

妙興寺は美術工芸にも重文があり,境内は県指定の史跡です.



名称:妙興寺勅使門(みょうこうじちょくしもん)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:愛知県一宮市大和町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛知 重文 寺院

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク