雑司ヶ谷鬼子母神堂 (東京) 【重文】

都内にある近世神社建築です.今年指定の重文です.

雑司ヶ谷鬼子母神堂
【雑司ヶ谷鬼子母神堂】(HDR合成,撮影:2016年6月18日)

本殿と拝殿を相の間でつなぐ複合社殿で,本殿は寛文4 (1664)年,拝殿は元禄13 (1700)年の建立.本殿は三間社流造の外観ながら内部は方三間の仏堂の空間形式になっています.拝殿は桁行五間,梁間四間の入母屋造.

江戸時代は法明寺塔頭の大行院の別当となっていました.今は法明寺に属しているので神社建築だけど寺院のカテゴリにしています.



名称:雑司ヶ谷鬼子母神堂(ぞうしがやきしもじんどう) ※「鬼」は上の点がない文字
文化財区分:重要文化財(近世以前/神社)
所在地:東京都豊島区


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 重文 寺院 神社

東博でいろいろ撮ってみた #6 (東京)

東博でいろいろ撮ってみた #5」の続き.鎧は好きな題材で,国宝級のものをいっぱい撮りたいけど,撮らせてもらえるところはほとんどないのですよね.そんな中,自由に撮影のできる東京国立博物館はとてもありがたい.

白糸威鎧
【白糸威鎧】(HDR合成,撮影:2015年5月5日)

東博で展示されているものは東博が所有するものだけでなく,他所からの出品もあったりして,有名な日御碕神社の国宝の鎧もあったりします.あまり展示はされていないのだけど,去年のある期間に展示されていました.「白絲威鎧」という名称で国宝に指定されていて,鎌倉時代後期の作品.




樫鳥糸威肩赤胴丸
【樫鳥糸威肩赤胴丸】(HDR合成,撮影:2013年1月13日)

樫鳥糸威肩赤胴丸」という名称で重要文化財.15世紀のもの.陸奥国三春藩主の秋田家に伝来したものです.



藍韋威腹巻
【藍韋威腹巻】(HDR合成,撮影:2013年5月11日)

これも「白糸威鎧」と同じ日御碕神社の鎧で重要文化財.文化財指定名称は「藍韋威腹巻」なんだけど,博物館の説明では「黒韋肩裾取威腹巻」となってました.室町時代の16世紀のもの.写真は背面です.

東博でいろいろ撮ってみた #7」に続く!

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 重文

西秋留石器時代住居跡 (東京) 【史跡】

都内にある縄文後期の遺跡です.

西秋留石器時代住居跡
【西秋留石器時代住居跡】(HDR合成,撮影:2015年8月9日)

縄文後期の遺跡で,敷石住居跡5つなどが見つかっています.昭和7 (1932)年に調査をやって,翌年史跡指定を受けています.敷石住居がまとまって見つかったというのが当時は珍しかったのでした.

場所は圏央道のあきる野IC近く.標識の類はないので注意.



名称:西秋留石器時代住居跡(にしあきるせっきじだいじゅうきょあと)
文化財区分:史跡
所在地:東京都あきる野市牛沼


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 史跡 縄文遺跡

滝山城跡 (東京) 【史跡】

都内にある中世城郭跡です.

滝山城跡
【滝山城跡】(HDR合成,撮影:2015年8月9日)

大永元 (1521)年,武蔵国の守護代の大石氏による築城.後に,大石は北条に属することになり,永禄元 (1558)年に北条氏照が大規模に整備します.当時の堀や土塁などよく残っています.写真は二の丸南側の堀.

山というより丘陵のようなところに造られた城で,その点で守りが弱いということで,八王子城に拠点が移されます(参照:八王子城跡).

とてもおもしろい城なんだけど,いまいち写真で表現しにくい.冬の方がよかったかも.最近になって駐車場が整備されました(城の南側の国道の丹木町三丁目交差点のところ).



名称:滝山城跡(たきやまじょうあと)
文化財区分:史跡
所在地:東京都八王子市高月町・加住町・丹木町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 史跡

東京近代建築散歩 #2 (東京)

東京近代建築散歩 #1」の続き.

近代建築の礎を築いた創成期の建築家たちについて.あまり詳しくないので基本的な情報だけ.功績の大きな外国人建築家にジョサイア・コンドル (Josiah Conder)という人がいて,工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)で教鞭をとり,その教え子も優れた建築家として文化財となる建造物を造ってます.功績を直接的に語るには建築の構造やデザインの発展に注目すべきだろうけど,関連する人達の作品が貴重な文化財として保存されていることでもその功績を感じられるかと思います.

ということで,コンドルと工部大学校での第一期生の辰野金吾,曽禰達蔵,片山東熊,佐立七次郎の都内の作品をまとめて紹介.

旧岩崎家住宅
【旧岩崎家住宅】(HDR合成,撮影:2013年1月13日)

重要文化財.ジョサイア・コンドル (1852-1920)の作品で, 明治29 (1896)年頃の築.写真は南側のコロニアル様式の部分.正面はルネサンス風だったりといろんな様式が混ざってます.

有名な「鹿鳴館」(現存せず)とかもこの人の作品です.重文だと他に「 旧諸戸家住宅」(三重県桑名市)とかも.



旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)
【旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)】(HDR合成,撮影:2014年12月7日)

これは国宝です.現状で一番新しい国宝建築です.片山東熊 (1854-1917)の作品で,明治42 (1909)年の築.正面の門とかも附で国宝になってます.ヨーロッパのバロック宮殿とかにならったものだけど,甲冑とか日本的な装飾もある独特な意匠になってます.

下手なヨーロッパの宮殿よりずっといい,と評価される建築だけど,世界遺産の宮殿(自分が行ったことのあるところだと,シェーンブルンとかカゼルタとか)とかと比べるとちっぽけだなぁと思うのでした.あとまわりのビルが目障り.

特別公開時に近くからも撮ったけど,ブログ掲載とかは許可がいるとのことなので,後日敷地外から撮影.



東京駅丸ノ内本屋
【東京駅丸ノ内本屋】(HDR合成,撮影:2013年1月13日)

重要文化財.辰野金吾 (1854-1919)の作品で, 大正3 (1914)年の築.戦災でドーム部分とか上部を失っていたけど,最近の工事でもとの外観に戻されました.この人の建築は結構残っていて重文も多いです.都内の重文だと「 日本銀行本店本館」があります.



慶応義塾図書館
【慶応義塾図書館】(HDR合成,撮影:2012年8月19日)

重要文化財.曽禰達蔵 (1853-1937)の作品で,明治44 (1911)年の築.ゴシックの様式.世界遺産になった長崎造船所の占勝閣もこの人の作品です.



日本水準原点標庫
【日本水準原点標庫】(HDR合成,撮影:2012年11月2日)

これは都指定の文化財です.佐立七次郎 (1857-1922)の作品で,明治24 (1891)年.この人の作品で都内に重文がなくってこれにしたけど,都外の重文だと「日本郵船株式会社小樽支店」(北海道小樽市)があります.

東京近代建築散歩 #3」にたぶん続く.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 国宝 重文

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2016年11月28日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク