葛飾柴又の文化的景観 (東京) 【重要文化的景観】

東京都葛飾区の題経寺周辺の地域で,中世以前の農村を基盤に近世・近代と発展した重層的な都市構造に特徴づけられる文化的景観です.2017年11月に文化審議会の答申があり,重要文化的景観に選定されることになりました.

葛飾柴又の文化的景観1
【葛飾柴又の文化的景観 #1 - 題経寺参道】(HDR合成,撮影:2017年12月17日)

柴又の歴史自体は古いもので,古墳があったり,8世紀の戸籍に370人の集落があったことの記述があったりします.近世初期までは農村だったのだけど,寛永6 (1629)年に経栄山題経寺が創建され,江戸からの参拝客が増えることで門前町が形成されます.

写真は題経寺の参道.題経寺という寺号はあまり知られていないけど,柴又帝釈天として有名です.写真の二天門は明治29 (1896)年の建立.



葛飾柴又の文化的景観2
【葛飾柴又の文化的景観 #2 - 山本亭】(HDR合成,撮影:2017年12月3日)

近世になって題経寺の門前町ができても,柴又の農村としての性質は変わらなかったようで,お寺の周囲には農地が広がっていました.近代になると鉄道網が発達したこともあって参拝客も増えて,農家も副業でお店を開いたりします.そんな経緯で,題経寺周辺は旧家の屋敷構えがみられます.

写真は山本亭で,大正末から昭和初期に建てられたお屋敷.ここの家は農家が発展したものではなく,関東大震災を契機に移り住んできたようですけども.写真奥に題経寺の帝釈堂が見えます.



名称:葛飾柴又の文化的景観(かつしかしばまたのぶんかてきけいかん)
文化財区分:重要文化的景観
所在地:東京都葛飾区


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 重要文化的景観

東京近代建築散歩 #3 (東京)

東京近代建築散歩 #2」の続き.

2007年に重文指定を受けた建造物の中に隅田川の橋3基がありました.建築というより土木構造物ですが,現状の制度だと建造物の種別に入ります.表題はふさわしくないかもしれないけど,まとめて3つ紹介します.土木の知識は薄いので,基本的な情報だけです.

勝鬨橋
【勝鬨橋】(HDR合成,撮影:2016年4月30日)

三橋のうち一番下流にある橋.昭和15 (1940)年の竣工で,三橋の中では一番新しいです.船を通すために真ん中が開くようになってます.シカゴ型二葉式跳開橋.



永代橋
【永代橋】(HDR合成,撮影:2016年4月30日)

三橋の中で真ん中に位置する橋.大正15 (1926)年の竣工で,三橋の中では一番古いです.関東大震災の復興事業の中で最初に架けられた橋です.鋼製三径間カンチレバー式タイドアーチ橋.



清州橋
【清洲橋】(HDR合成,撮影:2016年5月4日)

三橋のうち,一番上流側にある橋.永代橋と同じく関東大震災の復興事業で架けられた橋ですが,永代橋よりやや遅れて昭和3 (1928)年に竣工しています.三径間自碇式補剛吊橋.

たぶん「東京近代建築散歩 #4」に続く.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 重文

旧白金御料地 (東京) 【史跡・天然記念物】

近世は高松藩の下屋敷だったところ.今は国立科学博物館附属の自然教育園で,史跡と天念記念物の指定を受けています.

旧白金御料地
【旧白金御料地】(HDR合成,撮影:2016年11月6日)

都内の町中にあるのだけど,植生が豊かで天然記念物になっています.近世は高松藩の下屋敷で回遊式庭園が整備されていました.明治になって陸海軍の火薬庫がおかれていたりしたしたけど,大正期に御料地(皇室が直接所有する土地)となりました.近世以前にも土地利用があって,室町時代は「白金長者」の館があったと伝えられていて,実際に写真のような土塁が残っています.



名称:旧白金御料地(きゅうしろがねごりょうち)
文化財区分:史跡・天然記念物
所在地:東京都港区白金台五丁目,品川区上大崎二丁目


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 史跡

武家屋敷門 (東京) 【重文】

名前のとおりの武家屋敷の門で,江戸城下の門の中でも特に立派だった門です.

武家屋敷門
【武家屋敷門】(HDR合成,撮影:2016年11月6日)

もともとは丸の内にあった幕府老中方屋敷の表門の一部.文久2 (1862)年の火災の後に再建したもの.幅が120 mぐらいあった長屋門だったけど,門と左右の番所のみが残っています.千葉県九十九里町に移築されたけど,昨年8月に再移築の工事が終わり都内に戻ってきました.



名称:武家屋敷門(ぶけやしきもん)
文化財区分:重要文化財(近世以前/住宅)
所在地:東京都港区赤坂


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 重文 県外移築

雑司ヶ谷鬼子母神堂 (東京) 【重文】

都内にある近世神社建築です.今年指定の重文です.

雑司ヶ谷鬼子母神堂
【雑司ヶ谷鬼子母神堂】(HDR合成,撮影:2016年6月18日)

本殿と拝殿を相の間でつなぐ複合社殿で,本殿は寛文4 (1664)年,拝殿は元禄13 (1700)年の建立.本殿は三間社流造の外観ながら内部は方三間の仏堂の空間形式になっています.拝殿は桁行五間,梁間四間の入母屋造.

江戸時代は法明寺塔頭の大行院の別当となっていました.今は法明寺に属しているので神社建築だけど寺院のカテゴリにしています.



名称:雑司ヶ谷鬼子母神堂(ぞうしがやきしもじんどう) ※「鬼」は上の点がない文字
文化財区分:重要文化財(近世以前/神社)
所在地:東京都豊島区


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 東京 重文 寺院 神社

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク