無量光院跡 (岩手) 【特別史跡】

平泉の寺院跡.特別史跡の指定を受けていて,世界遺産「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」(英名:Hiraizumi - Temples, Gardens and Archaeological Sites Representing the Buddhist Pure Land)の構成資産の一つです.

無量光院跡
【無量光院跡】(HDR合成,撮影:2016年8月6日)

奥州藤原氏三代目の秀衡が建立した寺院の遺跡です.宇治の「平等院」を模して,翼廊付きの阿弥陀堂が建てられていました.寺院自体はとっくになくなっていて,礎石や庭園の池跡が残るだけでした.庭園は復元するようです.試験的に池に水を入れることがあって,写真はそのときのもの.



名称:無量光院跡(むりょうこういんあと)
文化財区分:特別史跡
所在地:岩手県西磐井郡平泉町


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 岩手 特別史跡 寺院 日本庭園 世界遺産

写真の追加掲載 - 熊本城 (熊本)

13棟の重文建築があって城域が特別史跡の「熊本城」.2015年9月の訪問だったけど,翌年4月の地震で大きな被害を受けました.くしくも震災前にいろいろ撮れたので,その中から2つ載せておきます.

熊本城1
【熊本城 - 天守台南西隅石垣と宇土櫓】(HDR合成,撮影:2015年9月6日)



熊本城2
【熊本城 - 長塀】(HDR合成,撮影:2015年9月6日)

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 熊本 特別史跡 重文

藤原宮跡 (奈良) 【特別史跡】

藤原京にあった宮跡の遺跡です.世界遺産暫定リストに記載されている「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」(英名:Asuka-Fujiwara: Archaeological sites of Japan’s Ancient Capitals and Related Properties)の構成資産となってます.

藤原宮跡
【藤原宮跡】(HDR合成,撮影:2014年12月28日)

藤原京は平城京遷都までの都で,日本で初めての条坊制の都市.その都で天皇の住む内裏があったり,政治をしたりしていたところが藤原宮です.約900 m四方の規模で,周囲を大垣と濠が囲んでいました.遺跡は埋められているので,特に見るべきものはないけど,大和三山の眺望のよい立地はなかなかよいです.写真の山は宮跡の北にある耳成山.写真では柱が並んでいるけど,朝堂院南門(手前)と大極殿院閤門(奥)の規模の再現で,遺跡保護のためか少し位置はずれています.

ちなみに「藤原京」という用語は古い文献にはなく,日本書紀などの文献に載っている「藤原宮」がある京ということで学術用語としての「藤原京」が用いられています.



名称:藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)
文化財区分:特別史跡
所在地:奈良県橿原市高殿町・醍醐町・縄手町・木之本町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 奈良 特別史跡 世界遺産暫定

山田寺跡 (奈良) 【特別史跡】

奈良県桜井市の古代寺院跡で,特別史跡の指定を受けています.世界遺産暫定リストに記載されている「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」(英名:Asuka-Fujiwara: Archaeological sites of Japan’s Ancient Capitals and Related Properties)の構成資産となってます.

山田寺跡
【山田寺跡】(HDR合成,撮影:2014年12月27日)

寺院としての成立がいつからはっきりしていないのですが,文献では641年に工事を始めていて,大化4 (648)年には伽藍は未完成ながら寺院として成立していたようです.中門・塔・金堂・講堂が南北に並ぶ四天王寺式に似た伽藍配置で,講堂が回廊外におかれたところが異なっています.遺跡の整備で基壇や礎石の一部がよくわかるようになってます.調査の出土品は「奈良県山田寺跡出土品」の名称で重要文化財で,倒壊したままに見つかった東回廊の一部も含まれます.日本建築史において極めて貴重なもので,現在は奈良文化財研究所飛鳥資料館にて見ることができます.興福寺の「 銅造仏頭(旧山田寺講堂本尊)」(国宝)はもともとこの寺院のもので,文治3 (1187)年にかっぱらってきたものです.平安末には伽藍は荒廃していたものの,明治までは存続していたそうです.



名称:山田寺跡(やまだでらあと)
文化財区分:特別史跡
所在地:奈良県桜井市山田


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 奈良 特別史跡 寺院 世界遺産暫定

文殊院西古墳 (奈良) 【特別史跡】

奈良県桜井市の特別史跡の古墳.安倍文殊院とよばれる寺院の境内にあります.

文殊院西古墳
【文殊院西古墳】(HDR合成,撮影:2014年12月27日)

花崗岩の切石でできた石室が見事です.7世紀後半の終末期の古墳.墳丘の状態はあまりよくないけど,30 mほどの円墳だったようです.このあたりを支配していた阿倍氏一族の墓とされていて,被葬者としては阿倍内麻呂が有力だとか.

安倍文殊院の前身であった安倍寺はちょっと西側にあって,「安倍寺跡」の名称で史跡.現境内の古建築では「白山神社本殿」(重文)があります.



名称:文殊院西古墳(もんじゅいんにしこふん)
文化財区分:特別史跡
所在地:奈良県桜井市阿部


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 奈良 特別史跡 古墳

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク