兼六園 (石川) 【特別名勝】

今更っていう気もするけど,金沢の有名な庭園です.

兼六園
【兼六園】(HDR合成,撮影:2016年5月15日)

延宝4 (1676)年に五代藩主綱紀が建てた別邸の庭園が前身で,当時の庭園は蓮池庭とよばれます.その後,一部が焼失したり,藩校ができたりと変容しつつ,文政5 (1822)年に十二代藩主斉広が隠居所として竹沢御殿を建て,その庭園として兼六園ができました.ただし,この兼六園というのも現在の兼六園の前身というべきもので,その後,竹沢御殿が取り壊され庭園が拡張されたことで,現在の兼六園となりました.

三名園ともいわれる有名な庭園で,文化財の区分は特別名勝.それほど古くない庭園なので,あまり好みではないです.写真は雁行橋.この造形はわりと好きです.



名称:兼六園(けんろくえん)
文化財区分:特別名勝
所在地:石川県金沢市兼六町


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 石川 特別名勝 日本庭園

写真の追加掲載 - 西芳寺庭園 (京都)

前記事に続いて世界遺産の有名な京都の寺院で,「西芳寺」.このブログで一つの文化財に一つの写真にこだわっているのは,文化財の価値を理解した上でその本質を捉えた写真を撮りたいからで,写真をただいっぱい載せてなんかいいでしょっていうのは,逆に何も表現できていないのではないかと思うのです.とはいえ,写真一つではどうしても表現しきれないことも当然ながらあって,この西芳寺庭園という文化財もいろんな写真を載せたくなります.

「夜泊石」というのは,蓬莱島で宝をつんだ船が連なって停泊しているのを見立てた石です.音読みすることもあるけど,訓読みの「よどまりいし」という語感もあわせてとても好きな舟石表現です.作例は少ないながらも,この西芳寺庭園のものが代表的なものなのです.

西芳寺庭園金剛池夜泊石
【西芳寺庭園金剛池夜泊石】(HDR合成,撮影:2015年12月8日)



西芳寺庭園は上段の枯山水庭と下段の池泉回遊式庭園からなる庭園で,下段には夜泊石のある金剛池ともう一つの黄金池があります.この黄金池の南島の三尊石組も載せてみます.上段の亀島石組とかいろいろ載せたいものはあるんですけど(苔の写真を載せる気はない).

西芳寺庭園黄金池南島三尊石
【西芳寺庭園黄金池南島三尊石】(HDR合成,撮影:2015年12月8日)

前に載せた「西芳寺」の記事中の写真も更新しました.改めてHDR合成.同じような構図にしたけど光の向きが違っていて,枯滝石組で鯉魚石に光があたっていた点で前の写真の方がよかったかとも思っています.時間帯を誤ったかな.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 京都 史跡 特別名勝 日本庭園 寺院 世界遺産

栗林公園 (香川) 【特別名勝】

高松の大名庭園です.四国では唯一の特別名勝.

栗林公園
【栗林公園】(HDR)

池泉回遊式の庭園です.江戸初期に讃岐領主の生駒高俊が下屋敷の庭園として造ったのを,後に移封された松平氏によって整備が続けられて延享2 (1745)年に完成.ただし,「小普陀」とよばれる部分はもっと古く,この付近の豪族の佐藤家の別邸の庭園の遺構だとか.写真は「飛来峰」からの南湖を見たところで,手前に偃月橋,奥に掬月亭.

紫雲山を借景にした庭園ですが,多くの借景庭園は山の稜線を遠景に取り入れるのに対して,この庭園では山がすぐそばにあって山の森を景観に取り入れている点がかわってます.日本庭園というのは自然を模倣して自然を超える表現物だと考えているので,自然自体を使ってしまう借景というものを個人的にあまり好まないのですが,ここでの借景の使いかたはアリだなぁと思ってます.



名称:栗林公園(りつりんこうえん)
文化財区分:特別名勝
所在地:香川県高松市栗林町一丁目



大きな地図で見る

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 香川 特別名勝 日本庭園

浄瑠璃寺(京都) 【国宝・特別名勝・史跡】

阿弥陀如来を9体おくことから通称「九体寺」.平安期の阿弥陀堂と三重塔は国宝で,浄土庭園は史跡と特別名勝の指定をうけています.美術工芸では重文多数の中,「阿弥陀如来坐像」9躯と「四天王立像」4躯が国宝.

浄瑠璃寺本堂(九体寺本堂)
【浄瑠璃寺本堂(九体寺本堂)】(HDR)

9体の阿弥陀如来を安置するお堂なので,横に長く十一間あります.四隅に舟肘木を用いるだけのシンプルな住宅風の仏堂.創建当初は檜皮葺だったようですが,現在は本瓦葺となっています.現在の位置に保元2(1157)年に移された記録があるそうな.浄土思想のはやった平安後期には九体阿弥陀堂はたくさん建てられたそうですが,現存するものはこれだけです.

写真の本堂前の「石燈籠」は重文です.三重塔前にもあり,あわせて1件の重文指定です.



浄瑠璃寺三重塔(九体寺三重塔)
【浄瑠璃寺三重塔(九体寺三重塔)】(HDR)

平安後期の塔です.内部には薬師如来を安置しています.文献では治承2 (1178)年に京都の一条大宮より移建されたらしい.屋根がゆったりしていて平安後期らしい優美な塔です.歪みがあるように見えたので,そろそろ修理どきではないかと思います.



浄瑠璃寺庭園
【浄瑠璃寺庭園】(HDR)

浄土庭園です.西に阿弥陀堂,東に薬師如来を祀る三重塔をおいて,西方極楽浄土と東方浄瑠璃浄土の両方を表現しています.江戸時代の周回路を整備した際に東西両岸の洲浜が埋められたりして,当初の庭園からはだいぶかわっています.きちんと平安時代の浄土庭園に復元できたらおもしろいと思うのですけど.写真は西側から東側をみたところ.池の東側に出島をつくるのは「毛越寺庭園」(特別名勝,「毛越寺境内 附 鎮守社跡」として特別史跡,岩手県磐井郡平泉町,参照:毛越寺)などとも共通してます.



名称:浄瑠璃寺本堂(九体寺本堂)(じょうるりじほんどう(くたいじほんどう))
文化財区分:国宝(近世以前/寺院)
所在地:京都府木津川市加茂町西小

名称:浄瑠璃寺三重塔(九体寺三重塔)(じょうるりじさんじゅうのとう(くたいじさんじゅうのとう))
文化財区分:国宝(近世以前/寺院)
所在地:京都府木津川市加茂町西小

名称:浄瑠璃寺庭園(じょうるりじていえん)
文化財区分:特別名勝・史跡
所在地:京都府木津川市



大きな地図で見る

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 京都 国宝 特別名勝 史跡 寺院 日本庭園

識名園(沖縄) 【特別名勝】

琉球王家別邸の庭園です.特別名勝の指定.「琉球王国のグスク及び関連遺産群」(英名:Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu)の構成資産として世界遺産に登録されています.

識名園
【識名園】(HDR)

1799年の作庭.王家別邸ですが,中国皇帝の使者である冊封使をもてなす場所にもなってました.沖縄も広いんだよってことを見せるために海が見えないようになっているとか.庭園自体も広々としていて,遠近感を強調して奥行をだす地割になっています.こういうのは日本庭園独特の手法だと思います.大陸の庭園についてはあまり知識がないのですが,中国趣味的なところもあり,日本庭園と中国庭園がうまく融合した庭園になってると思います.



名称:識名園(しきなえん)
文化財区分:特別名勝
所在地:沖縄県那覇市真地殿原



大きな地図で見る

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 沖縄 特別名勝 日本庭園 世界遺産

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク