土佐遍路道 (高知) 【史跡】

四国遍路道の土佐の部分です.2016年の史跡指定.これから部分的に追加指定がされると思うけど,最初の指定は三十五番札所の清瀧寺から三十六番札所の青龍寺道に向かう青龍寺道の土佐市の塚地峠越えの部分です.

土佐遍路道
【土佐遍路道 - 青龍寺道(塚地坂)】(HDR合成,撮影:2016年12月8日)

塚地坂は遍路道だけど,往事は生活道でもあって,南側の宇佐集落の塩と北側でとれた穀物が行き交っていました.宇佐側におりたところには磨崖仏があって,よくわからなかったけど中世の特徴もあるってことで,遍路が一般化する前からの信仰の道にもなっていたようです.写真は峠のてっぺん付近です.この付近に峠の茶屋跡があります.

峠越えの道は2 kmほどでです.北側の入口が駐車場もある公園になっているので,ここに車を停めて峠を越えてタクシーをつかまえて公園に戻るのが一番楽だと思う.僕は新道のトンネルを歩いて戻りました.



名称:土佐遍路道 青龍寺道(とさへんろみち しょうりゅうじみち)
文化財区分:史跡
所在地:高知県土佐市


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 高知 史跡 街道

伊予遍路道 (愛媛) 【史跡】

四国遍路道の伊予の部分です.今年の新指定史跡です.

伊予遍路道
【伊予遍路道 - 仏木寺道】(HDR合成,撮影:2016年9月29日)

史跡指定範囲は今後も増えて,指定名称もその部分が加えられていくことと思いますが,最初に史跡指定を受けたのは,41番札所の龍光寺から42番札所の仏木寺に向かう「仏木寺道」と59番札所の伊予国分寺から60番札所の横峰寺に向かう「横峰寺道」の2ヶ所.

写真は仏木寺道.41番札所の龍光寺は南に伸びる尾根の東側にあって,尾根を越える道が遍路道で,450 mほどが旧状をとどめています.龍光寺の駐車場に遍路道を示す標識があって,そこからすぐで,訪問は比較的容易です.



名称:伊予遍路道 仏木寺道 横峰寺道(いよへんろみち ぶつもくじみち よこみねじみち)
文化財区分:史跡
所在地:愛媛県宇和島市・西条市


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛媛 史跡 街道

加越国境城跡群及び道 (富山・石川) 【史跡】

加賀・越中の国境の古街道と城跡です.2015年10月指定の新指定の史跡です.

加越国境城跡群及び道
【加越国境城跡群及び道 - 松根城跡】(HDR合成,撮影:2016年5月15日)

小原越とよばれる街道と切山城と松根城の二城の遺構をあわせての史跡指定.富山県と石川県の二県にわたる史跡です.城と街道があわせての史跡指定も珍しいです.

加賀の前田と越中の佐々が争っていた戦場の城跡群です.写真は松根城跡の堀と土塁.松根城が文献に登場するのは早く,南北朝期の文書に「松根之陣」の記述があるそうです.さらに9世紀頃の灰釉陶器が出土していたりしていて,長いこと使われていたようです.



名称:加越国境城跡群及び道 切山城跡 松根城跡 小原越(かえつくにざかいしろあとぐんおよびみち きりやまじょうあと まつねじょうあと おはらごえ)
文化財区分:史跡
所在地:富山県小矢部市,石川県金沢市


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 富山 石川 2県以上 史跡 街道

下里・青山板碑製作遺跡 (埼玉) 【史跡】

埼玉県小川町の遺跡で,武蔵型板碑を作っていたところ.2014年指定の史跡です.

下里・青山板碑製作遺跡
【下里・青山板碑製作遺跡 - 割谷遺跡】(HDR合成,撮影:2016年5月22日)

埼玉県といえば板碑.中世の石塔婆で,板状のものが多いです.関東で見られるのは緑泥石片岩製の武蔵型板碑と黒雲母片岩製の下総型板碑で,埼玉に多いのはもちろん武蔵型板碑です.この種の石材はこのあたりでしか採れないのだけど,採掘を含めた製作の過程が武蔵のどこかで行われていたと考えられていて,それが明らかになったのがこの遺跡です.19ヶ所で加工石材片が見つかって,そのうち割谷地区,西坂下前A地区,内寒沢地区の3地区が史跡指定を受けています.写真は割谷地区の調査トレンチ.このあたりは平場になっていて,石片が散らばっています.板碑の製作過程の最後の彫刻や装飾の跡は残っていないので,採掘から板碑型に調整するところまでがここで行われていたようです.



名称:下里・青山板碑製作遺跡( しもざと・あおやまいたびせいさくいせき)
文化財区分:史跡
所在地:埼玉県比企郡小川町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 埼玉 史跡

松平氏遺跡 (愛知) 【史跡】

愛知県の中世の城館遺跡群です.

松平氏遺跡大給城跡
【松平氏遺跡 - 大給城跡】(HDR合成,撮影:2015年6月28日)

松平氏の発祥の地とされるところの遺跡です.松平氏館跡,高月院,松平城跡,大給城跡がまとめて史跡.松平初代の親氏から八代がこのあたりを拠点にしていました.居館跡があった松平氏館跡は今は松平東照宮になっています.その北に菩提寺となった高月院,南に郷敷城とも称する松平城の跡地.大給城(おぎゅうじょう)跡は西方に少し離れたところにあります.

写真は大給城跡のダム状の遺構.いろんなところに石垣がみられるお城です.松平宗家四代が次男に譲って大給松平氏の流れが生まれます.大給松平二代の頃に大きな改修があり,当時の遺構がよく残っています.



名称:松平氏遺跡(まつだいらしいせき)
文化財区分:史跡
所在地:愛知県豊田市大内町・松平町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛知 史跡

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2016年11月28日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク