大谷寺九重塔 (福井)

本日更新分からいくつか番外編やります(番外編が多くなりすぎて,もはや「番外編」でなくなってきたので,そろそろカテゴリーの再編をするかも).

越前というと古くから笏谷石とよばれる石材の産地で,色合いの美しさや加工のしやすさから重宝されていました.産地だけに笏谷石の石造物はいろいろあるのだけど,指定文化財の中世石造物は意外に少なく,重文指定はこれだけです.

大谷寺九重塔
【大谷寺九重塔】(HDR合成,撮影:2016年5月16日)

越前町にある大谷寺という寺院にある石塔.泰澄の供養塔として建てられたもので,刻銘があって元亨3 (1323)年のものと分かります.全体として地方色が少なく,整った姿容の美しい塔ですが,石材の色合いも特徴的できれいです.初層軸部は月輪内に梵字を彫り,月輪周縁に小蓮弁をめぐらす北陸独特の意匠.この意匠は「薬王院五輪塔」(重文,石川県加賀市)にも見られます.全国的にはとても珍しいものだけど,この石塔のそばに集められていた石塔残欠にいっぱい見ることができてとても楽しかったです.
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 福井 重文 石造美術 寺院

大山祇神社の宝篋印塔 (愛媛)

大三島の「大山祇神社」といえば伊予の一宮で 文化財も多数.石造美術にも貴重な文化財があるので,お見逃しなく.

大山祇神社宝篋印塔
【大山祇神社宝篋印塔】(HDR合成,撮影:2016年10月1日)

重文としての指定名称は「大山祇神社宝篋印塔」で,3基の宝篋印塔が重文です.どれも鎌倉後期の形式.中央塔は越智式で,この地方特有の形式です.一遍が参拝の際に奉納したと伝えられているけど,東塔(写真右)に文保2 (1318)年の銘があって,一遍の生きた時代より少し新しいものです.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛媛 重文 石造美術 神社

乗禅寺の石塔群 (愛媛)

愛媛県今治市にある乗禅寺という真言宗のお寺.ここに重要文化財の「乗禅寺石塔」があります.単に「石塔」ではどういう形式の塔かわからないではないかと思ってしまうけど,実は五輪塔4基,宝篋印塔5基,宝塔2基がまとめて重文指定を受けているのです.

乗禅寺石塔
【乗禅寺石塔】(HDR合成,撮影:2016年10月1日)

もともとは付近に散在していたものだけど,今は寺の裏手の墓地に集められています.時代は鎌倉中期から南北朝期で,銘入のものの古いものは正中3 (1326)年.まとめて重文指定を受ける石塔というのは,個々はいまいちでもまとめると資料的価値があるというようなものもあったりするけど,ここの石塔はそれぞれが優品です.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛媛 重文 石造美術 寺院

今治市野間地区の石造美術 (愛媛)

今治市の野間という重文の石造物が集まる地区があります.野間という大字のところにあるのは「五輪塔」,「五輪塔」,「宝篋印塔」の3件.この重文指定名称だとわかりにくいので,覚庵五輪塔,馬場五輪塔,長円寺跡宝篋印塔と呼ばれています.さらに,隣の神宮という地区だけど,野間の社名をもった野間神社にも「野間神社宝篋印塔」という石造物があります.

とりあえず覚庵五輪塔と野間神社宝篋印塔の紹介.ちょっと北の地区に「乗禅寺石塔」(参照:「乗禅寺の石塔群」)というのもあるのだけど,これは別に紹介します.

五輪塔(覚庵五輪塔)
【五輪塔(覚庵五輪塔)】(HDR合成,撮影:2016年10月1日)

覚庵というのは集落の名称.2基が田園の中に並んでいて,併せて1件の重文です.銘文のある馬場五輪塔に比べると資料的価値は下がるかもしれないけど,こちらのほうが均整のとれているように感じました.鎌倉末の様式.造営年は不明ながら,馬場五輪塔の銘文にある嘉暦元 (1326)年と近い年代のものと思われます.



野間神社宝篋印塔
【野間神社宝篋印塔】(HDR合成,撮影:2016年10月1日)

銘文があって元享2 (1322)年のものであることが分かっています.相輪は江戸時代の候補だけど,丁寧な細工でバランスもいい美しい塔です.隅飾は三弧で輪郭があって,月輪内に梵字を刻んでいます.塔身に繰形の請座を置くのは越智式といってこの地方に特有の形式です.長円寺跡宝篋印塔の方も年代は明らかで正中2 (1325)年で,ほぼ同時代です.これも越智式の宝篋印塔です.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛媛 重文 石造美術

大洲市肱南地区の町並み (愛媛)

愛媛県大洲市の町並み.今のところ国の文化財などにはなっていません.

大洲市肱南地区の町並み
【大洲市肱南地区の町並み】(HDR合成,撮影:2016年9月29日)

江戸時代から昭和初期にかけての伝統的建造物が多く残ります.「肱南」というのは肱川の南側という意味で,大洲では肱川の両側にかけて町割が展開していました.橋はなく「渡し」でつながっていたというのがおもしろい.この丁字路あたりは古い町並みがよく残っています.明治以降に木蝋・製糸などの近代産業が興ったこともあって,洋風建築も多いです.

「大洲市歴史的風致維持向上計画」が「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」に基づく認定を受けていて,国の補助も受けていろいろな事業が進行中.その事業の中に,「伝統的建造物群保存対策調査事業」というのがあって保存対策を講じるための調査事業があったのだけど,どうなったのかな? というかこの類いの調査事業は歴史まちづくり法の認定とは別にどんどんやっていいのではないかと思います.

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 愛媛

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク