fc2ブログ

重要文化財の新指定,重要伝統的建造物群保存地区の新選定

今日(2023年11月24日)の文化審議会で重要文化財9件の新指定,重要伝統的建造物群保存地区1件の新選定が決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定・選定されます.
 
【重要文化財】
- 箭弓稲荷神社本殿・幣殿・拝殿(埼玉県東松山市)
- 宮津洗者聖若翰天主堂(京都府宮津市)
- 旧尾藤家住宅(京都府与謝郡与謝野町)
- 円教寺摩尼殿(兵庫県姫路市)
- 金剛峯寺本坊(和歌山県伊都郡高野町)
- 旧広島陸軍被服支廠倉庫施設(広島県広島市)
- 釣島灯台(愛媛県松山市)
- 豊村酒造旧醸造施設(福岡県福津市)
- 吉田松花堂(熊本県熊本市)

【重要伝統的建造物群保存地区】
- 宇和島市津島町岩松(愛媛県宇和島市) []

[]は当ブログ記事リンク.

しばらく重伝建の新選定がなかったけど,久しぶりにきました.「宇和島市津島町岩松」は近いうちに重伝建になりそうだってことで,2019年に行ったのだけど,それから4年経っての重伝建選定です.種別は在郷町での選定で,岩松川と天が森という山地の間の平な部分を広く保存地区としています.思ったよりも南に広くて,川沿いにおもしろい洋風建築があるのとか見逃してました.既選定の重伝建の「与謝野町加悦」の保存地区内で「旧尾藤家住宅」が新しく重文になります.府指定文化財ってことで撮ってました.

だいぶ昔に行ったきりの円教寺(参考:円教寺 #1円教寺 #2,兵庫県姫路市)から「円教寺摩尼殿」が新しく重文に.中世建築も残る寺院だけど,今回の指定は近代のお堂で,規模の大きな懸造.近代の懸造ってそれなりにあるのだけど,重文になるのは珍しいです.思えばここまで規模の大きなものはあまりないかも.この前にも新しい指定や追加指定があったので,円教寺にはまた行かないとなぁと思っております.

先月の文化審議会では「広島原爆遺跡」の史跡指定が決まり(参照:史跡の新指定など),それに関連して話題にしていた「旧広島陸軍被服支廠倉庫施設」の4棟が重文になることになりました.意外に早かった.3棟が県所有で1棟が国所有なので,そのあたりの調整でも時間がかかるかと思っていました.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 重要文化財(建造物)の指定(pdfファイル)(報道発表,文化庁)
- 重要伝統的建造物群保存地区の選定(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

与謝野町加悦2
【旧尾藤家住宅】(HDR合成,撮影:2011年5月11日)

宇和島市津島町岩松の町並み
【宇和島市津島町岩松】(HDR合成,撮影:2019年3月30日)
スポンサーサイト



史跡の新指定など

今日(2023年10月20日)の文化審議会で史跡9件の新指定などが決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定されます.
 
【史跡】
- 十五郎穴横穴群(茨城県ひたちなか市) []
- 姉小路氏城跡(岐阜県飛騨市)
- 三河国府跡(愛知県豊川市)
- 尾高城跡(鳥取県米子市)
- 広島原爆遺跡(広島県広島市)
- 西条酒蔵群(広島県東広島市)
- 勝賀城跡(香川県高松市)
- 博多遺跡(福岡県福岡市)
- 菊池氏遺跡(熊本県菊池市)

[]は当ブログ記事リンク.

広島原爆遺跡」は「原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)」(広島県広島市),「長崎原爆遺跡」(長崎県長崎市)に次ぐ3件目の原爆に関する史跡で,6ヵ所がまとめて史跡になります.この名称の史跡で原爆ドームを含まないのは違和感があるのだけど,原爆ドームはそのあとの反核運動のシンボルとしての価値もあるので,そのあたりでの区別があるのかも.そのあたりははっきりさせてほしかったけど,特別史跡にしようぜって話もあるようなので,今後どうなるか注目です.広島の被爆建造物というと「旧広島陸軍被服支廠」という煉瓦建造物があって,紆余曲折がありつつ保存されることになったので,これもそのうち追加されるかも.「旧広島陸軍被服支廠」は史跡とは別に重文にもなると思います(※追記:翌月の文化審議会で重文指定の答申がでました.煉瓦建造物というか外壁は煉瓦だけど主たる構造は鉄筋コンクリート造でした).一方,先に史跡指定を受けている「長崎原爆遺跡」では,2ヵ所が追加指定されることになりました.

行ったことあったのは「十五郎穴横穴群」で,7世紀から9世紀にかけての遺跡.3支群に分けられる遺跡で,館出支群だけが県指定史跡だったけど,3支群まとめて国の史跡になるようです.ところで,報道発表には「古墳時代終末期」なる言葉があるのだが,そんな時代区分は存在しないのでは? 終末期古墳は古墳時代が終わってからの古墳のはずだけど.

もう1件の既訪物件は,「西条酒蔵群」.「東広島市西条酒蔵地区の町並み」で紹介したように,西条の町並みは重伝建にする動きがあったのだけど,それとは別に史跡としても保護をはかるようです.このあたりはすでにいろいろ登録文化財になっているのだけど,そのうち4つの建造物とその周辺が史跡になります.かなり厳選したようなので,この4つをまとめると学術的価値がはっきりするということだと思います.近世に始まって近代酒造業へ変遷していく過程を示しているとのことです.史跡指定名称では蔵だけのようだけど,旧広島県醸造試験場(写真)なんかも含んでいます.これは「旧広島県西条清酒醸造支場本館」の名称で登録文化財になっています.

あと,追加指定とか名称変更とかあります.このブログでも既に紹介している前橋市の「二子山古墳」,「宝塔山古墳」,「蛇穴山古墳」は,遠見山古墳と愛宕山古墳をあわせて「総社古墳群」に統合されます.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 史跡名勝天然記念物の指定等(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

十五郎穴
【十五郎穴横穴群】(HDR合成,撮影:2020年11月8日)

西条酒蔵群(旧広島県醸造試験場)
【西条酒蔵群 - 旧広島県醸造試験場】(撮影:2019年11月13日)

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

国宝・重要文化財の新指定

今日(2023年6月23日)の文化審議会で国宝1件,重要文化財8件の新指定が決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定されます.
 
【国宝】
- 通潤橋(熊本県上益城郡山都町) []

【重要文化財】
- 旧矢中家住宅(茨城県つくば市)
- 天満宮(群馬県桐生市)
- 手取川七ヶ用水取水施設(石川県白山市)
- 軽井沢夏の家(旧アントニン・レーモンド軽井沢別邸)(長野県北佐久郡軽井沢町)
- 真宗本廟東本願寺内事(京都府京都市)
- 櫻井神社(福岡県糸島市)
- 高祖神社本殿(福岡県糸島市)
- 日髙家住宅(宮崎県延岡市)

[]は当ブログ記事リンク.

通潤橋」が国宝になるそうです.石橋が国宝になることを全然考えていなかったので意外でした.文化財指定の石橋もいろいろあるけどなぜ通潤橋がっとも思ったけど,近世のもので古い,アーチ径間27.3 mもあってでかい,精密な設計が必要な水路橋ってことで,順当かと思います.石造アーチ橋を造る技術の歴史を考えたら,これより200年以上前の「眼鏡橋」(重文,長崎県長崎市)なんかも貴重だとは思いますが.通潤橋は附で御小屋,御試吹上樋,石碑2基,関係文書2冊も国宝になります.通潤橋の写真は「2015年9月の九州旅まとめ」にも載せているけど,この橋の先にある茅葺の小屋が御小屋です.熊本県の国宝というと,「青井阿蘇神社」(熊本県人吉市)があるけど,これが最初の茅葺の国宝でした.この国宝指定に続いて茅葺の国宝がでてくるのかと思いきや全然だったので,附指定とはいえ久しぶりの茅葺の国宝です.

最近は近代以降の文化財が増えてきているけど,近世以前の神社建築で2件の新指定があるのが福岡県糸島市で,「櫻井神社」と「高祖神社本殿」.高祖神社本殿は天文10 (1541)年建立の中世建築.これはぜひ見ておきたい.

建造物の文化財指定とあわせて重伝建選定についても同日の文化審議会で決まるのだけど,今回も重伝建新選定はなし.既選定の重伝建の「桐生市桐生新町」(群馬県桐生市)の地区内で「天満宮」が重文になります.

追加指定は3件.うち1件は「坂野家住宅」(茨城県常総市)で書院,文庫蔵の追加指定.坂野家住宅は江戸時代の民家としての重文指定だけど,書院は近代に増設された和風の座敷棟です.近代和風住宅が近年になって評価されるようになったことを受けての追加指定だと思いますが,「近代以前/民家」の種別の文化財に追加されるというのもなんか違和感があります.それと,去年重文指定を受けた「富岡家住宅」(山梨県甲府市)で,土地が追加で重文になるのだけど,なぜ去年の指定でまとめてできなかったのかと.

あと,チェコの建築家のアントニン・レーモンドの作品として初めての重文指定で,「軽井沢夏の家(旧アントニン・レーモンド軽井沢別邸)」.この前,レーモンド作の「旧赤星鉄馬邸」(登録文化財,東京都武蔵野市)の公開をやっていたこともあり(弔事があって行けなかったのだけど),レーモンド作で最初の重文は何かなぁとか考えていたところでした.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 国宝・重要文化財(建造物)の指定(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

通潤用水と白糸台地の棚田景観1
【通潤橋】(HDR合成,撮影:2015年9月10日)

史跡の新指定,重要文化的景観の新選定など

今日(2022年12月16日)の文化審議会で史跡7件の新指定,重要文化的景観1件の新選定などが決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定・選定されます.
 
【史跡】
- 鍋倉城跡(岩手県遠野市)
- 旧東田川郡役所及び郡会議事堂(山形県鶴岡市)
- 烏山城跡(栃木県那須烏山市)
- 山王塚古墳(埼玉県川越市)
- 南比企窯跡(埼玉県比企郡鳩山町)
- 佐伯城跡(大分県佐伯市)[]
- 奄美大島要塞跡(鹿児島県大島郡瀬戸内町)

【重要文化的景観】
- 緒方川と緒方盆地の農村景観(大分県豊後大野市)

[]は当ブログ記事リンク.

今回は記念物と重要文化的景観に関して文化審議会の答申だけど,名勝と天然記念物の新指定はなしでした.今年5月に行った大分県から「佐伯城跡」,「緒方川と緒方盆地の農村景観」の2件.「佐伯城跡」は近いうちに史跡になりそうだったので,この旅では優先順位を上げていました.石垣だけでなく石敷もよく残っていて楽しいお城です.「緒方川と緒方盆地の農村景観」はチェックしていなくて未訪.選定範囲内の「緒方宮迫東石仏」(史跡)と「緒方宮迫西石仏」(史跡)には行っていたけど,文化的景観としてこの付近を見ていませんでした.原尻橋・原尻の滝,「尾崎の石風呂」(重要有形民俗文化財),軸丸の棚田など時間があれば行ってみようと思っていたのだけど(尾崎の石風呂は選定範囲外かも).川のある平地だけど,川と平地に高低差があって,水路を築いて農地としているところに価値があるようです.石橋,石仏,石風呂とかがあるのも特徴的.

今回,城跡では「佐伯城跡」の他に「鍋倉城跡」,「烏山城跡」が新しく国史跡となります.既指定の「城山」(史跡・天然記念物,鹿児島県鹿児島市)は鹿児島城と一体となった山城だけど,麓の本丸などを追加で史跡指定して,名称も「鹿児島城跡」に変更.「城山」は史跡と天然記念物の指定を受けているのだけど,「天然記念物及び史跡城山に史跡の追加指定を行い,史跡鹿児島城跡に名称変更する」ってことらしいのだけど,天然記念物としては「城山」が残るのかなぁ.よくわからないです.下の写真は復元された御楼門.

重要文化的景観では追加が2つあって,1つは5月に行った「阿蘇の文化的景観 産山村の農村景観」(熊本県阿蘇郡産山村).もう一つは「阿蘇の文化的景観 阿蘇北外輪山の草原景観」(熊本県阿蘇市)だけど,中央火口丘群の草地も追加して,「阿蘇の文化的景観 阿蘇北外輪山及び中央火口丘群の草原景観」に名称変更.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 史跡名勝天然記念物の指定等(pdfファイル)(報道発表,文化庁)
- 重要文化的景観の選定等(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

佐伯城跡#
【佐伯城跡】(HDR合成,撮影:2022年5月15日)

鹿児島城跡#
【鹿児島城跡】(撮影:2021年10月6日)

国宝・重要文化財の新指定

今日(2022年10月12日)の文化審議会で国宝1件,重要文化財9件の新指定が決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定されます.
 
【国宝】
- 勝興寺(富山県高岡市) []

【重要文化財】
- 尻屋埼灯台(青森県下北郡東通村)
- 佐藤家住宅(秋田県大仙市)
- 富岡家住宅(山梨県甲府市)
- 名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市)
- 外村家住宅(滋賀県東近江市)
- 経ヶ岬灯台(京都府京丹後市)
- 住吉神社(兵庫県加西市)
- 角長(加納家住宅)(和歌山県有田郡湯浅町)
- 鍋島灯台(香川県坂出市) []

[]は当ブログ記事リンク.

建造物の国宝指定や重文指定についての文化審議会は例年は5月と10月の第3金曜日なのだけど,去年から変わってきていて予測ができなくなってきています.まだ先だと思っていたらいきなり報道発表きました.

さて,国宝の新指定で,「勝興寺」(富山県高岡市)がきました.高岡市ではすでに「瑞龍寺」が国宝だし,ちょい前に「高岡市吉久」が市内3件目の重伝建に選定されたりして,文化財行政には積極的な市のようで,勝興寺の国宝指定に向けた運動も行われていました.個人的にはもう少し先かと思っていたら意外と早い国宝指定でした.そして,国宝指定は本堂だけだと思っていたら,大広間及び式台もあわせての指定でこれも意外でした.勝興寺は本堂以外にも建造物多数が重文だけど,そのうち大広間及び式台だけが国宝というのはよくわからないです.

建造物の国宝重文の新指定とあわせて重伝建の新選定も同じタイミングで決まるのだけど,今回はなしです.既選定の重伝建の選定範囲内では,「湯浅町湯浅」(和歌山県有田郡湯浅町)の「角長(加納家住宅)」,「東近江市五個荘金堂」(滋賀県東近江市)の「外村家住宅」が新しく重文になります.「角長(加納家住宅)」は地区内でも特に印象的な建物なので,撮っていました.「外村家住宅」は重文の「弘誓寺本堂」がある弘誓寺の東向かいだそうだけど,どれだろうか.

そして今回も灯台の指定があり,「尻屋埼灯台」(青森県下北郡東通村),「経ヶ岬灯台」(京都府京丹後市),「鍋島灯台」(香川県坂出市)の3件が新しく重文になります.「尻屋埼灯台」は昔撮ったのだけど,昔すぎてデジタルじゃないし,すぐに写真がでてこない.今回はテレビ塔としては初の重文指定の「名古屋テレビ塔」(愛知県名古屋市)なんかもあったりします.そのうち「東京タワー」なんかも重文になるんでしょうね.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 国宝・重要文化財(建造物)の指定(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

勝興寺(大広間及び式台)x
【勝興寺 - 大広間及び式台】(撮影:2021年11月20日)

角長(加納家住宅)x
【角長(加納家住宅)】(撮影:2012年4月30日)
ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク