長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の世界遺産登録について

祝!「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 (英名:Hidden Christian Sites in the Nagasaki Region)」の世界遺産登録

バーレーンのマナーマにて開催されている世界遺産委員会で,世界遺産に登録されることが決まりました.潜伏キリシタンの信仰や生活に基づく独特な文化的伝統に関連した遺産です.

構成資産は以下の通りです.

- 原城跡(長崎県南島原市) []
- 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)(長崎県平戸市) []
- 平戸の聖地と集落(中江ノ島)(長崎県平戸市)
- 天草の﨑津集落(熊本県天草市)
- 外海の出津集落(長崎県長崎市) []
- 外海の大野集落(長崎県長崎市) []
- 黒島の集落(長崎県佐世保市)
- 野崎島の集落跡(長崎県北松浦郡小値賀町)
- 頭ヶ島の集落(長崎県南松浦郡上五島町)
- 久賀島の集落(長崎県五島市)
- 奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)(長崎県五島市)
- 大浦天主堂(長崎県長崎市) []

[]は当ブログの関連記事リンク.

もともとは,長崎は古い教会がいっぱいあるからまとめて世界遺産にしようぜっという動機から始まった登録運動で,2007年記載の暫定リストや2015年の推薦書提出時の名称は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」でした.このときの推薦は取り下げて世界遺産委員会での審議はなし.どうも教会建築としての価値は世界的に顕著とは評価されなかったようです.そして長崎県はICOMOSとアドバイサー契約を結んで構成資産の見直しをするわけですが,禁教期のキリシタンの信仰や生活に注目した資産構成となっていました.登録基準は(iii)のみで,これは文化的伝統の証拠に適用される基準です.潜伏キリシタンの文化的伝統は,世界的に見ても珍しいものなので,納得のできる評価です.

文化財としては「原城跡」は史跡,「大浦天主堂」は建物が国宝で,敷地が史跡.他は重要文化的景観です.この中に重文の教会建築などがあるのだけど,あくまで潜伏キリシタンの文化的伝統に注目した遺産なので,集落を構成する建物の一つという位置づけです.これで文化財の法的な保護体勢は問題ないのだけど,個人的意見としてこれではいけないと思っています.最近,文化財の活用についての話題をよく聞くのだけど,文化財の活用とは文化財の価値を活かすことでなくてはいけない.そのためには価値を明確にした上での文化財指定・選定でなくてはいけないと考えているのですが,今回世界遺産となった重要文化的景観の選定理由は平戸以外で潜伏キリシタンとの関連が明らかにされていないのです.世界遺産になるぐらいすごいものなのに.今回コアゾーンとなったところぐらいは,潜伏キリシタンとの関連を明確な指定理由として国指定史跡にすべきではないでしょうか.文化財の保護と活用についてはまた別に記事にしてみたいと思います.

頭ヶ島天主堂
【頭ヶ島の集落 - 頭ヶ島天主堂】(HDR合成,撮影:2018年3月25日)

来年の世界遺産委員会では「百舌鳥・古市古墳群」が審査される予定.巨大古墳が世界遺産になるのは自然なことだと思うけど,古墳群としてはどういう評価になるのだろうか.
スポンサーサイト

史跡等の新指定,重要文化的景観の新選定など

今日(2018年6月15日)の文化審議会で史跡9件,名勝4件の新指定,重要文化的景観2件の新選定などが決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定・選定されます.
 
【史跡】
- 長者山官衙遺跡及び常陸国海道跡(茨城県日立市)
- 簗瀬二子塚古墳(群馬県安中市)
- 新津油田金津鉱場跡(新潟県新潟市)
- 宇治古墳群(京都府宇治市)
- 板東俘虜収容所跡(徳島県鳴門市)
- 朝倉須恵器窯跡(福岡県朝倉郡筑前町)
- 筑豊炭田遺跡群(福岡県田川市・飯塚市・直方市)
- 下藤キリシタン墓地(大分県臼杵市)
- 弁之御嶽(沖縄県那覇市)

【名勝】
- 白山公園(新潟県新潟市)
- 宇治山(京都府宇治市)
- 中山仙境(大分県豊後高田市)
- 文殊耶馬(大分県国東市)

【重要文化的景観】
- 伊庭内湖の農村景観(滋賀県東近江市)
- 北大東島の燐鉱山由来の文化的景観(沖縄県島尻郡北大東村)

今回の重要文化的景観の選定は2件.とうとう沖縄県に重要文化的景観が選定されます.ちょっと前の「北大東島燐鉱山遺跡」の史跡指定に次いで,この周辺が重要文化的景観になります.燐鉱山由来というと鉱山との関係性が強そうだけど,燐鉱採掘からサトウキビ農業や近海漁業に変遷したという産業変遷に特徴があるようで,なかなか独特でおもしろそうです.行ってみたいけど,飛行機は1日1便でなかなか行きにくいところです.

もう1件は重要文化的景観の選定には積極的な滋賀県からで,東近江市の農村景観.今年中に行ってみようかな.滋賀県はまだまだ未訪の文化財が多いです.これで滋賀県の重要文化的景観は7件になります.沖縄県ももっといろんなところを重要文化的景観にすべきではないかと思う.

板東俘虜収容所跡」は近くまで行っただけでした.第一次大戦のドイツ兵捕虜を収容する施設の遺跡で,遺跡としては比較的新しいもの.ドイツ兵が造った石橋を見たかったのでした.橋はドイツ橋と呼ばれ,近くの大麻比古神社にあります.今回の指定範囲にドイツ橋は含まれず今後追加指定を目指すとのことです.

あとチバニアンで話題になった千葉県市原市の地層は「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」の名称で天然記念物になります.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 史跡等の指定等(pdfファイル)(報道発表,文化庁)
- 重要文化的景観の選定(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

板東俘虜収容所跡(ドイツ橋)
【板東俘虜収容所跡(ドイツ橋)】(撮影:2016年9月26日)
※今回答申の史跡指定範囲には含まれません.

重要文化財の新指定,重要伝統的建造物群保存地区の新選定など

今日(2018年5月18日)の文化審議会で,重要文化財9件の新指定,重要伝統的建造物群保存地区1件の新選定などが決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定・選定されます.
 
【重要文化財】
- 旧大沼家住宅(宮城県柴田郡村田町)
- 臨江閣(群馬県前橋市)
- 旧遠山家住宅(埼玉県比企郡川島町)
- 旧平澤家住宅(新潟県長岡市)
- 松榮家住宅(新潟県佐渡市)
- 旧川上家別邸(岐阜県各務原市)
- 中村家住宅(滋賀県長浜市)
- 高座神社本殿(兵庫県丹波市)
- 阿弥陀寺本堂(和歌山県和歌山市))

【重要伝統的建造物群保存地区】
- 喜多方市小田付(福島県喜多方市) []

[]は当ブログ記事リンク.

喜多方の蔵の町並みがきた! 「喜多方の町並み」で載せた地区の1つです.蔵の町として有名な喜多方だけど,重伝建になるほど古い建物が集まっているところがないように思っていました.今回選定の範囲について報道発表資料を見るとなかなか多くの伝統的建造物が残ってるようです.喜多方は蔵の多い町だけど,この地区はいいとして,もっと広い地域内での保護措置も必要ではないかと思います.

他の重伝建の関係では,「村田町村田」の保存地区内の「旧大沼家住宅」が新たに重文になります.村田商人やましょう記念館として公開しているところです.それと,佐渡市の「松榮家住宅」は「佐渡相川の鉱山及び鉱山町の文化的景観」の重要文化的景観の選定範囲内にある近代の住居建築です.

やはり最近の指定は近代のものが多い.近代以前のものは「中村家住宅」,「高座神社本殿」,「阿弥陀寺本堂」の3つ.「中村家住宅」はすでに同名文化財があるのだけど,また増えます(3年前にも増えた).茅葺民家は好きなの是非見にいきたいところです.所有者が住んでいそうなので,公開がどうなるかわからないけど.

あと,既に重要文化財に指定されている「旧碓氷峠鉄道施設」で2基,1所,1棟が追加指定.重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「富田林市富田林」で追加選定があり,保存地区が旧寺内町全域に広がります.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 重要文化財(建造物)の指定について・概要(pdfファイル)(報道発表,文化庁)
- 重要伝統的建造物群保存地区の選定について・概要(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

旧大沼家住宅#
【旧大沼家住宅】(撮影:2015年11月2日)

喜多方市小田付#
【喜多方市小田付】(HDR合成,撮影:2012年10月27日)

史跡等の新指定,重要文化的景観の新選定など

今日(2017年11月17日)の文化審議会で史跡10件,名勝2件の新指定,重要文化的景観3件の新選定などが決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定・選定されます.
 
【史跡】
- 様似山道(北海道様似郡様似町)
- 猿留山道(北海道幌泉郡えりも町)
- 幡羅官衙遺跡群(埼玉県深谷市・熊谷市)
- 興道寺廃寺跡(福井県三方郡美浜町)
- 二俣城跡及び鳥羽山城跡(静岡県浜松市)
- 犬山城跡(愛知県犬山市)[]
- 由義寺跡(大阪府八尾市)
- 津和野藩主亀井家墓所附亀井茲矩墓(島根県市鹿足郡津和野町・鳥取県鳥取市)
- 石見銀山街道(島根県邑智郡美郷町)
- 出雲国山陰道跡(島根県出雲市)

【名勝】
- 煙雲館庭園(宮城県気仙沼市)
- 旧広瀬氏庭園(愛媛県新居浜市)

【重要文化的景観】
- 最上川上流域における長井の町場景観(山形県長井市)
- 葛飾柴又の文化的景観(東京都葛飾区) []
- 智頭の林業景観(鳥取県八頭郡智頭町)[]

[]は当ブログ記事リンク.

史跡の新指定は10件.道関係が4件あります.石見銀山に関連する古街道はすでに「石見銀山遺跡」(島根県大田市大森町,温泉津町,仁摩町)の史跡指定範囲に含まれていて世界遺産にもなっているのだけど,それとは別に美郷町の古街道が「石見銀山街道」として新しく史跡指定を受けます.「石見銀山遺跡」に追加でもよかったのではないかとも思うのだけど,そのあたりの事情はよくわかりません.この前の山陰の旅では,古街道の遺構が残っているところがあるようでチェックしたものの史跡指定を受けていないという理由で優先順位を下げて,結局行かなかったのでした.今更ながら残念.

今回の答申内容の中の有名物件はやはり「犬山城跡」(愛知県犬山市).国宝の「犬山城天守」のあるお城です.もっと早くに史跡になっていてもいいお城だとは思います.個人所有のお城だったことも関係しているかな.他にお城では静岡県浜松市の「二俣城跡及び鳥羽山城跡」が新しく史跡になります.

名勝の新指定は2件.一つ目は宮城県気仙沼市の「煙雲館庭園」.宮城県には長く住んでいたけど,気仙沼市に江戸初期の庭園があったとは知らなんだ.もう1件は愛媛県新居浜市の「旧広瀬氏庭園」で,重要文化財の近代和風住宅の「旧広瀬家住宅」の庭園です.

重要文化的景観の新選定は3件.柴又を重要文化的景観にする話は聞いたことはあったけど,本気だったのね.文化財としての名称は「葛飾柴又の文化的景観」.とりあえず天気のいい週末に行ってみます.もう2件は行ったことがあったところで,「最上川上流域における長井の町場景観」(山形県長井市)と「智頭の林業景観」(鳥取県八頭郡智頭町).智頭の山林についてはこちら(→智頭町の林業景観)に載せたけど,重要文化的景観の選定範囲は山林だけでなく山村集落や宿場町も含めるようです.智頭宿にある近代和風住宅の「 石谷家住宅」はすでに重要文化財の指定を受けています.智頭も長井もまた行かないと.しばらく山陰には行かないと思うけど.

あと,天然記念物の新指定,特別史跡や史跡の追加指定などいろいろ.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 史跡等の指定等(pdfファイル)(報道発表,文化庁)
- 重要文化的景観の選定(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

犬山城跡s
【犬山城跡】(撮影:2011年8月14日)

最上川上流域における長井の町場景観s
【最上川上流域における長井の町場景観】(撮影:2010年12月5日)

智頭の林業景観s
【智頭の林業景観】(撮影:2011年5月2日)

国宝・重要文化財の新指定,重要伝統的建造物群保存地区の新選定など

今日(2017年10月20日)の文化審議会で国宝2件,重要文化財6件の新指定,重要伝統的建造物群保存地区2件の新選定などが決まりました.近いうちに官報告示を経て正式に指定・選定されます.
 
【国宝】
- 専修寺御影堂(三重県津市) []
- 専修寺如来堂(三重県津市) []

【重要文化財】
- 旧池田家住宅洋館(秋田県大仙市)
- 旧久邇宮邸(聖心女子大学)(東京都渋谷区)
- 旧石川県第二中学校本館(石川県金沢市)
- 北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田市)
- 旧松本区裁判所庁舎(長野県松本市)
- 松殿山荘(京都府宇治市)

【重要伝統的建造物群保存地区】
- 福山市鞆町(広島県福山市) []
- 杵築市北台南台(大分県杵築市) []

[]は当ブログ記事リンク.

とうとう「福山市鞆町」が重伝建になります.鞆の浦ともよばれる古くからの港町です.景観のいいところに橋を架ける計画ができて反対運動が起こってと,なかなか町並み保存の政策が進まなかったのだけど,架橋計画が撤回されて保存計画が立てられて,重伝建に選定されることになりました.これで一安心だけど,まだまだ問題はあるようで,そもそも重伝建選定の範囲が8.6 haと狭い.これを機に選定範囲外で町並みが壊されていくのではないかと心配です.広い重伝建だと周辺の山地を含んで1,000 haを越えるところもあるのだけど,海の景観が有名な景勝地なだけに,海を大きく含んだ範囲にしてほしかったです.ちなみに「伊根町伊根浦」(京都府与謝郡伊根町)の重伝建選定範囲は310 haに及びます.道路の混雑は相変わらずだと思いますが,P&Rを推進して公式観光サイトにP&R情報を大々的に載せるぐらいのことはやってほしいものです.

重伝建の新選定はもう一つあって,「杵築市北台南台」.武家町としての選定で,谷を挟んだ北台地区と南台地区.この谷が町人町だっただけど,道路を拡張したりしたことで,地割がよくは残っていないし武家町でもないということで外したのかと思います.それでも,古い建物はいくらか残っていたと思うし,城下町の種別にして入れてもよかったのではと思ったりもします.下の写真は谷部分の写真なので,谷の下は選定範囲外だけど,道だけ細く選定範囲に入っています.

重文の新指定は近代が多いです.これが近年の傾向.近世以前だと「北口本宮冨士浅間神社」の拝殿及び幣殿など8棟.世界遺産の神社で,すでに本殿,東宮本殿,西宮本殿の3件が重文,境内が史跡になっていました(参照:北口本宮富士浅間神社).本殿の写真の右に少し写っているのが幣殿です.

そして,専修寺に2棟(「専修寺御影堂」・「専修寺如来堂」)が国宝になります.次の建造物の国宝指定は何かと考えることは多いのだけど,これは予想外.そんなにすごい建築なのかどうかは個人的にはちょっと疑問です.

あと,重文の追加指定で,「常願寺川砂防施設」で2ヶ所が追加になります.

詳しくは文化庁の報道発表資料を.
- 国宝・重要文化財(建造物)の指定について・概要(pdfファイル)(報道発表,文化庁)
- 重要伝統的建造物群保存地区の選定について・概要(pdfファイル)(報道発表,文化庁)

専修寺御影堂#
【専修寺御影堂】(HDR合成,撮影:2013年7月27日)

専修寺如来堂#
【専修寺如来堂】(HDR合成,撮影:2013年7月27日)

福山市鞆町#
【福山市鞆町】(HDR合成,撮影:2011年1月3日)

杵築市北台南台#
【杵築市北台南台】(HDR合成,撮影:2014年8月25日)
ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク