村田清風旧宅および墓 (山口) 【史跡】

萩藩で藩政改革を行った人の家とお墓です.国指定の史跡になっています.

村田清風旧宅および墓
【村田清風旧宅および墓 - 旧宅】(HDR合成,撮影:2017年4月17日)

村田清風(天明3 [1783]年~安政2 [1855]年)は大津郡三隅村(現・長門市三隅町)の生まれで,下級武士の長男でした.後に萩に移り住み,有能だったために藩の要職に就くことになります.産業の奨励なんかもやって,櫨蝋の増産して自由取引を強化したりしています.

現存している旧宅は,生まれ育った生家で,青年期は萩で過ごしていたものの晩年はここに戻っていました.史跡指定は,ここと100 mほど西にあるお墓をあわせての指定です.隣接して村田清風の記念館があります.



名称:村田清風旧宅および墓(むらたせいふうきゅうたくおよびはか)
文化財区分:史跡
所在地:山口県長門市三隅下・三隅町


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 山口 史跡

鳥取藩主池田家墓所 (鳥取) 【史跡】

因幡・伯耆二国32万石を治めた鳥取藩の藩主のお墓です.

鳥取藩主池田家墓所
【鳥取藩主池田家墓所】(HDR合成,撮影:2017年9月6日)

鳥取藩の藩主はずっと池田氏だったのだけど,同じ系統ではなく,ここの墓所の池田氏は寛永9 (1632)年に入った池田光仲の系列です.元禄6 (1693)年に光仲の没して,この墓所が造られました.写真は三代吉泰(手前),二代綱清(奥)の墓所.

姫路藩の初代藩主池田輝政は光仲のおじいさんにあたる人です.輝政は家康の娘の督姫を娶っているし,鳥取池田氏として独立したあとも徳川から嫁や養子を迎えたりしていて,徳川一門のような扱いがされていました.東京国立博物館に移築されている「旧因州池田屋敷表門」(重文,参照:東京国立博物館)」はこの池田家の江戸屋敷の門です.



名称:鳥取藩主池田家墓所(とっとりはんしゅいけだけぼしょ)
文化財区分:史跡
所在地:鳥取県鳥取市国府町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 鳥取 史跡

石の宝殿及び竜山石採石遺跡 (兵庫) 【史跡】

兵庫県高砂市の古墳時代からの採石場の遺構です.2014年の史跡指定.

石の宝殿及び竜山石採石遺跡
【石の宝殿及び竜山石採石遺跡】(HDR合成,撮影:2017年3月19日)

古墳の石棺等によく用いられていたのが竜山石という石材.この産地となるのがこの地域です.石の宝殿(写真)は水に石が浮かんでいるように見えるというもので,現在では生石神社の御神体になっています.「播磨国風土記」に「大石」とあって,古くから知られていたようで,12世紀の文献で「生石大神」の記述があったりするので,この頃には神社が成立していたようです.もともとは7世紀頃に横口式石槨を製作していた現場のようです.

生石神社境内とその南東側に広がる採石遺跡も含めての史跡指定です.採石は古墳時代から現代まで続いていて,技術の変遷なども伝える遺跡です.



名称:石の宝殿及び竜山石採石遺跡(いしのほうでんおよびたつやまいしさいせきいせき)
文化財区分:史跡
所在地:兵庫県高砂市


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 兵庫 史跡 神社

狭山池 (大阪) 【史跡】

大阪府大阪狭山市に溜池施設で,国内最古のダム式ため池です.2015年の史跡指定.

狭山池
【狭山池 - 大阪府立狭山池博物館蔵大阪府狭山池出土木樋】(HDR合成,撮影:2017年6月25日)

飛鳥時代築造の国内最古のため池です.現在もため池として維持されていて,池の写真を撮ってもどう見てもただの池なので,ここに載せるのは博物館の方にしました.丘陵間の谷に堤を築いてダムにしています.写真は堤に埋められた木樋.東樋の下層のもので,最初に築造された飛鳥時代のものです.高野槇の樋で,年輪年代測定から616年に伐採されたことがわかっています.飛鳥時代以後も改修が繰り返されていて,天平期の行基,鎌倉期の重源など有名な人が改修事業に関わっています.技術の変遷がみられるというのもおもしろい点です.

出土した木樋等は重源の改修碑とあわせて「大阪府狭山池出土木樋・重源狭山池改修碑」として重要文化財に指定されています.展示施設として府立の狭山池博物館があります.



名称:狭山池(さやまいけ)
文化財区分:史跡
所在地:大阪府大阪狭山市


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 大阪 史跡 重文

成巽閣 (石川) 【重文・名勝】

兼六園に隣接する住居建築とその庭園です.建物は重文で,庭園は名勝.

成巽閣
【成巽閣】(HDR合成,撮影:2016年5月15日)

加賀藩の十二代藩主の前田斉長の奥さんの真龍院の隠居所として建てられた建物です.文久3 (1863)年の造営で当時は巽御殿という名称でした.真龍院の没後に前田家からは離れ,明治7年に成巽閣と名称が改められました.



成巽閣庭園
【成巽閣庭園】(HDR合成,撮影:2016年5月15日)

建物の周りの庭園のうち北側の「飛鶴庭」とよばれる部分がもともとの名勝指定範囲で,文久の造営時のものです.通常非公開だけど,建物の2階から見えます.清香軒という茶室の主庭で,水流のある平庭に飛石をうって,所々に景石・・石灯籠などを配しています.2017年に追加で,他の部分が追加指定となりましたが,これは近代以降に整備されたところです.



名称:成巽閣(せいそんかく)
文化財区分:重要文化財(近世以前/住宅)
所在地:石川県金沢市兼六町

名称:成巽閣庭園(せいそんかくていえん)
文化財区分:名勝
所在地:石川県金沢市兼六町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 石川 重文 名勝 日本庭園

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク