富士山の世界遺産登録について

祝!「富士山 - 信仰の対象と芸術の源泉」の世界遺産登録

2007年に「富士山」(英名:Fujisan)として暫定リスト入りして,やっと本登録.とはいっても平泉は登録延期の審査結果もうけつつ暫定入りから10年で登録なので,比較的順調に登録されたと思います.登録名は「富士山 - 信仰の対象と芸術の源泉」(英名:Fujisan, sacred place and source of artistic inspiration)に決まりました.登録基準は (iii),と (vi).

構成資産は以下の通りです.文化財別にかいてみました.特別名勝がどの市町村にまたがっているかがいまいちわからんです(たぶん鳴沢村,富士吉田市,小山町,御殿場市,裾野市,富士市,富士宮市).富士山としての史跡指定範囲にはいろんな神社や遺跡が含まれています.世界遺産としての富士山は山だけではないので,いろいろまわって日本人の宗教観やら芸術観やらを考えてみましょう.

- 富士山(史跡,山梨県富士吉田市,南都留郡富士河口湖町・鳴沢村,静岡県富士宮市,裾野市,駿東郡小山町)
- 富士山(特別名勝,山梨県,静岡県)
- 富士五湖(名勝,山梨県南都留郡富士河口湖町・山中湖村,南巨摩郡身延町)
- 三保松原(名勝,静岡県静岡市)
- 忍野八海(天然記念物,山梨県南都留郡忍野村)
- 船津胎内樹型(天然記念物,山梨県南都留郡富士河口湖町)
- 吉田胎内樹型(天然記念物,山梨県富士吉田市)
- 白糸ノ滝(名勝・天然記念物,静岡県富士宮市)
- 富士山本宮浅間神社本殿(重文,静岡県富士宮市)
- 小佐野家住宅(重文,山梨県富士吉田市)
- 旧外川家住宅(重文,山梨県富士吉田市)
- 北口本宮富士浅間神社本殿(重文,山梨県富士吉田市,参照:北口本宮富士浅間神社
- 北口本宮富士浅間神社東宮本殿(重文,山梨県富士吉田市,参照:北口本宮富士浅間神社
- 北口本宮富士浅間神社西宮本殿(重文,山梨県富士吉田市,参照:北口本宮富士浅間神社
- 富士御室浅間神社本殿(重文,山梨県南都留郡富士河口湖町)

ICOMOSの評価でははずすようにいわれていた三保松原も含みます.ICOMOSの言い分は「遠いから」と「これがなくても完全性はある」ってことのようだけど,山を核にした景観も重要なところなのに遠いからだめっていうのは的を射てないように思います.むしろ遠いからこそ価値があるのではないかと.「完全性」に関しては,少ない構成資産で「完全性」があると評価されるのはむしろ喜ばしいことのはずで,世界遺産になるとなんか嬉しいといってあれもこれも入れてしまおうっていうのは,むしろ価値を下げることにもなってしまうのかもと改めて思ったりしました.あと,なぜ自然遺産として推薦しなかったのかっていうと,地学的にみて重要とか,生態系が独特とか,絶滅危惧種がいるっとかていう自然遺産の登録基準に合致していないだけです.自然遺産においてゴミ問題は本質的ではないです.もちろん大事な遺産なのでゴミは問題ですけど.これからは登山する人からお金をとったりして適切に管理していってほしいです.

富士山の写真はほとんど撮ってませんでした.自分が軽い気持ちで撮っても太宰治がいうような「風呂屋のペンキ画」にしかならんと思うので.だいぶ前だけど北口本宮富士浅間神社は撮ってた.

北口本宮富士浅間神社東宮本殿
【北口本宮富士浅間神社東宮本殿】(HDR)

あと,富士山といっしょに去年推薦された鎌倉について.「武家の古都・鎌倉」(英名:Kamakura, Home of the SAMURAI)で推薦していたものの,ICOMOSが不記載の勧告をしたことをうけて記載推薦の取下げしたので,審議されず.個人的にはなんとか世界遺産になってほしいと思ってはいたのだけれど,「我が国の推薦資産に係る世界遺産委員会諮問機関による評価結果及び勧告について(pdfファイル)」(報道発表,文化庁)あたりをみると,「武家政権,武家文化という文化的伝統の証拠」,「要害の地に政権をおいて,社寺・居館等を機能的に配置した都市の例」として顕著で普遍的価値をもつという日本の主張に対して,「宗教的なところは十分だけど,政治や生活に関しての証拠にはなってない」,「要害の地ってのはわかるけどだから何? 社寺の景観はいいけど,世界的に重要だっていう理由は?」ということで,厳しいながらも客観的で納得のいくものでした.もともと社寺を中心に世界遺産にしようとしていたところ,既登録の社寺は多いので差別化しないとってことで,「社寺」から「古都」に広げたものの,そのためにいろいろと説明が必要になって,結果的に完全性がなくなったという感じですかね.とはいえ,「鎌倉の武家による政治と文化の伝統は疑いもなく,歴史上ユニークなものである.しかし,構成資産では精神的,文化的な側面については示されているものの(略)」と評価されたことはかなり大事なことで,今後も文化財的価値のアピールポイントにはなると思います.

さて,来年以降の世界遺産の登録についてですが,「富岡製糸場と絹産業遺産群」がすでに推薦済で,来年の世界遺産委員会で審議される予定.あと今年度の推薦(再来年に審議予定)はまだ決まってないけど,保護体制がきちっとできている「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」になるかなぁと思ってます.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク