元興寺 (奈良) 【国宝・重文・史跡】

南都七大寺の一つ.奈良市の「ならまち」と呼ばれる一帯が旧境内でしたが,だいぶ規模が縮小しました.極楽坊は僧房の一部が鎌倉時代に独立したもので,「古都奈良の文化財」(英名:Historic Monuments of Ancient Nara)として世界遺産に登録されています.国宝建築3件,重文建築1件で極楽坊の境内は国史跡.

元興寺極楽坊本堂
【元興寺極楽坊本堂】(HDR)

寛元2 (1244)年の建立.木鼻などにみられるように大仏様の意匠がとりいれられていて,新和様の代表的建築です.鎌倉時代の建築ですが,部材はもっと古いものもあって,元興寺前身の飛鳥の法興寺からもってきたものも.飛鳥時代の行基葺の屋根瓦も有名です(写真に写ってない部分).



元興寺極楽坊禅室
【元興寺極楽坊禅室】(HDR)

この建物も古い部材が使われています.様式上はいかにも中世建築で,鼻隠板や大仏様繰型の木鼻など大仏様の特色が強くでています.あまり写真に撮られることはない妻の意匠をのせてみました.見事なものです.

もうひとつの国宝建築は「元興寺極楽坊五重小塔」.撮影不可.「海竜王寺五重小塔」(国宝,奈良県奈良市,参照:海竜王寺)と同様に天平期の五重小塔ですが,海竜王寺が内部を省略しているのに対して,内部の構造や組物にも省略がなく当時の建築を知るための貴重な資料となっています.



元興寺極楽坊東門
【元興寺極楽坊東門】(HDR)

こちらは重文の門.四脚門形式の鎌倉後期の門.



元興寺極楽坊境内
【元興寺極楽坊境内】(HDR)

境内は史跡指定をうけています.写真は鐘楼跡礎石とされる礎石を利用した蹲踞.礎石は1981年に発掘されたものです.でかいです.境内には五輪塔・石仏・石棺など石造物が多くあります.

極楽坊とは離れますが,広大だった昔の元興寺境内の遺構として「元興寺小塔院跡」と「元興寺塔跡」が史跡指定をうけています.



名称:元興寺極楽坊本堂(がんごうじごくらくぼうほんどう)
文化財区分:国宝(近世以前/寺院)
所在地:奈良県奈良市中院町

名称:元興寺極楽坊禅室(がんごうじごくらくぼうぜんしつ)
文化財区分:国宝(近世以前/寺院)
所在地:奈良県奈良市中院町

名称:元興寺極楽坊五重小塔(がんごうじごくらくぼうごじゅうしょうとう)
文化財区分:国宝(近世以前/寺院)
所在地:奈良県奈良市中院町

名称:元興寺極楽坊東門(がんごうじごくらくぼうひがしもん)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:奈良県奈良市中院町

名称:元興寺極楽坊境内(がんごうじごくらくぼうけいだい)
文化財区分:史跡
所在地:奈良県奈良市中院町・中新屋町・芝突抜町・鵲町



大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 奈良 国宝 重文 史跡 寺院 世界遺産

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク