崇福寺 #2 (長崎) 【重文】

崇福寺 #1」の続きです.残りの重文建築4件について.

崇福寺三門(楼門)
【崇福寺三門(楼門)】(HDR合成,撮影:2015年9月12日)

日本ではあまりない形式で,下側を石などを積んで漆喰で固めた造りになってます.崇福寺の重文建築では一番新しい江戸末期の嘉永2 (1849)年の建立.



崇福寺護法堂(関帝堂又観音堂)
【崇福寺護法堂(関帝堂又観音堂)】(HDR合成,撮影:2015年9月12日)

国宝の大雄宝殿と向かい合う建物.享保16 (1731)年の建立です.斗きょうのアップを載せてみました.黄檗の特徴がよくでていて,大仏様にもよく似てます.



崇福寺鐘鼓楼
【崇福寺鐘鼓楼】(HDR合成,撮影:2015年9月12日)

鐘楼と鼓楼を兼ねた建物.護法堂(関帝堂又観音堂)の隣にあります.享保13 (1728)年の建立.通肘木を,繰型をつけずまっすぐ切っているあたりは未完なのかも.



崇福寺媽姐門
【崇福寺媽姐門】(HDR合成,撮影:2015年9月12日)

大雄宝殿の隣にある建物で,寛文6 (1666)年で,崇福寺の重文建築(国宝を除く)4棟では一番古いです.三間三戸の八脚門の形式.上記の3つは明治に文化財(旧国宝)になっているけど,これは1972年の重文指定.



名称:崇福寺三門(楼門)(そうふくじさんもん)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:長崎県長崎市鍛冶屋町

名称:崇福寺護法堂(関帝堂又観音堂)(そうふくじごほうどう)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:長崎県長崎市鍛冶屋町

名称:崇福寺鐘鼓楼(そうふくじしゅころう)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:長崎県長崎市鍛冶屋町

名称:崇福寺媽姐門(そうふくじまそもん)
文化財区分:重要文化財(近世以前/寺院)
所在地:長崎県長崎市鍛冶屋町


スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 長崎 重文 寺院

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2016年11月28日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク