集成館の建造物 (鹿児島)

去年の9月の九州旅から番外編をいくつかやります.未指定文化財や洋風建築,石造美術など.まずは鹿児島の近代化遺産.



洋風建築というと明治以降に建てられ印象があったりもするけど,実は幕末にも結構建てられています.長崎のアレとかも有名ですが,鹿児島にもあります.「明治日本の産業革命遺産 - 製鉄・鉄鉱,造船,石炭産業」(英名:Sites of Japan's Meiji Industrial Revolution: Iron and Steel, Shipbuilding and Coal Mining)の名称で世界遺産に登録された物件.名称に「明治」と付けちゃったのが気にいらない.

旧集成館機械工場
【旧集成館機械工場】(HDR合成,撮影:2015年9月7日)

石造の工場で,慶応元 (1865)年の建造.建物は「旧集成館機械工場」の名称で重要文化財,敷地は旧集成館 附 寺山炭窯 関吉疎水溝」の名称で史跡指定を受けています.

集成館は嘉永5 (1852)年に反射炉を設置したことに始まった施設で,製鉄・造船・紡績を主にしつつもいろいろ造った総合的な工場でした.遺構としては旧機械製造工場1棟と反射炉跡が残っています.



旧鹿児島紡績所技師館
【旧鹿児島紡績所技師館】(HDR合成,撮影:2015年9月7日)

慶応3 (1867)年建造のコロニアルスタイルの木造住居.「旧鹿児島紡績所技師館」の名称で重要文化財,敷地は「鹿児島紡績所跡」の名称で史跡の指定を受けています.洋式紡績工場を建設するにあたって招いたイギリス人技師のための住居として建てられたもの.当初の二階部分はベランダの造りになっていたので,ちょっと変更があります.

幕末の洋館というと長崎の「旧グラバー住宅」,「旧オルト住宅」というのがあるけど,両者とも平屋建てなので,二階建ての洋風住居建築としてはこれが最古になります.
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 鹿児島 重文 史跡 世界遺産

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク