いろんな花肘木 【解説】

前に蟇股についての解説記事を書いたのだけど(参照:いろんな蟇股),今回は花肘木について.蟇股と同じく中備などに使われる装飾材です.

法隆寺南大門花肘木
【法隆寺南大門花肘木】(HDR合成,撮影:2010年3月21日)

花肘木がうまく使われている建築というと,やはり「法隆寺南大門」(国宝,奈良県生駒郡斑鳩町,参照:法隆寺 #3).法隆寺の国宝建築の中では一番新しい永享10 (1438)年の建立です.

花肘木は双斗に図案化した花を取り入れたもので,古いものだと元徳元 (1319)年の「浄土寺多宝塔」(国宝,広島県尾道市,参照:浄土寺 #1)の内陣に使われています.

花肘木もいろんなところで見ているような気がするのだけど,撮った写真を探してみるとものすごく少なかった.とりあえず6つ載せます.

花肘木いろいろ
【花肘木いろいろ】

1. 八幡神社拝殿(重文,兵庫県小野市,参照:浄土寺) - 室町前期
2. 八幡神社拝殿(1と同じ)
3. 浄土寺阿弥陀堂(重文,広島県尾道市,参照:浄土寺 #2) - 貞和元 (1345)年
4. 常徳寺円通殿(重文,香川県三豊市) - 応永8 (1401)年
5. 圓成寺楼門(重文,奈良県奈良市,参照:円成寺) - 応仁2 (1468)年
6. 白山神社本殿(重文,奈良県桜井市) - 室町後期

1と2は同じ建物で,外から見えるところにあるのが1で,内部に使われているのが2.花肘木が双斗からきていることを考えると2の花肘木が初期の花肘木に最も近そうな気がします.2は珍しいタイプのもので,古いものでは1,3のタイプが多いように思います.このタイプのものは花肘木付双斗と言ったりもします.4は花肘木に双斗をのせる珍しいもの.花肘木はもともとは構造材で,上側の2点で上の部材を支えていたのだけど,4は完全に装飾が目的になってます.5は花肘木の好例として有名なもの.6は比較的新しいもので,自由な装飾がなされています.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク