加古川の毛織業企業社宅(兵庫)

番外編.文化財としては無指定です.

兵庫県の加古川市にこんな地区があります.

加古川ニッケ社宅
【加古川某企業社宅】(HDR)

加古川は明治の頃から毛織物業をやっているのですが,毛織業企業の古い社宅がこんな感じで残ってます.現在みることができるのは,大正頃から昭和初期のものらしい.写真は平屋の社宅と板塀が連なっている部分ですが,二階建のところもあるし,レンガ塀や洋館とかも.ここいら一帯が企業のものなので舗装もされずに昔のまんまの雰囲気です.

企業側の事情もいろいろあるのだろうけど,なんとか残していってほしいものです.とりあえず登録記念物とかにできんかな.
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 兵庫

コメントの投稿

非公開コメント

こういう産業遺産も・・・

こういう産業遺産も残ってほしいですね。
せめて文化的景観的調査を工業の生産産業まで広げていただけるだけでも光が当たるのではと思います。
私も新居浜の住友社宅等は残ってほしいです。

それはさておき、昨日から伝建協も総会開催中ではなかったかと。
金沢の卯辰のお寺群や加賀の今立の農村地区も新加盟してますから次の選定地になるんでしょうね。

守ろう日本 ですね。

Re: こういう産業遺産も・・・

産業遺産でまだ稼働中のものはどう保護するかは大問題ですね.重要文化的景観の制度は古いものをそのまんま残すことを前提にしていないので,ある意味適しいるのだろうけど,「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地」と文化的景観が法で定義づけられている以上は,該当するかどうかは厳密であるべきと思っています.そうすると現行法では保護できない文化財もでてくるわけで,結局は新しい文化財区分が必要になるかと.とりあえずは登録文化財や登録記念物の制度で減税などの優遇をうけることはできるわけですが,登録制度は指定制度の補完制度なのでもう少しきちんとした保護制度を整備してもらわなければ.稼働中の産業遺産の保護については国も動き始めているようなんで,要チェックですね.

さっそくとりこわしのニュースが…

http://t.co/3yYkCie

明治築の2階建社宅2棟が解体.「耐震面で放置するのは危険と判断し」というのが一番大きな理由みたい.ニュースには市,東播磨県民局,加古川観光協会の連名で保存を求める要望書をだしているとのことで,重要性は認識しているようなので今後の保存・活用に期待したい.
ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

「たびねす」というサイトでナビゲーターやってます → 最新記事(2017年5月26日更新)

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
Feed Me!
旅するTZRの文化財撮影記のRSSフィード
RSSリンクの表示
リンク