fc2ブログ

杵築市北台南台 (大分) 【重伝建】

杵築城の城下町です.重伝建レベルだと感じたけど,重伝建にするような話はなさそう.保存の気概はあるようなので,安心して見ていられますが.
※2017年11月に重伝建に選定されました.
※2018年2月10日更新:重伝建になったので,写真・文章等追加.

杵築市北台南台1
【杵築市北台南台 #1 - 酢屋坂・塩屋坂】(HDR合成,撮影:2014年8月25日)

杵築藩の藩庁となった杵築城の城下町.北台と南台という台地状の高台に武家町があって,間の谷に商家町があるというかわった町割りになっています.写真は南台から北台を見たところ.向こう側の坂は「酢屋坂」,こちら側の坂は「塩屋坂」というふうにそれぞれの坂に名前がついています.酢屋坂の名称は坂の下にあった酢屋に由来する名前だそうで,その酢屋を前身とする「綾部味噌」の店舗は市の文化財.重伝建の種別は武家町で,谷部の商家町の部分は重伝建に含まれていませんが,写真の坂と坂の間だけ保存地区の範囲に含まれています.



杵築市北台南台2
【杵築市北台南台 #2 - 北台】(HDR合成,撮影:2014年8月25日)

これは北台の武家屋敷で,重臣の屋敷が並んでいます.この先の「勘定場坂」を降りたところまでが重伝建で,さらに先に行くと杵築城(参照:杵築城跡)があった台地状の丘陵地があります.

城下町の町割りは慶長期の縄張りをもとにしていますが,杵築城周辺や北台と南台の東側では中世の測地尺が検出されているということで,南北の台地に町があった構造はかなり古くからのもののようです.



名称:杵築市北台南台(きつきしきただいみなみだい)
文化財区分:重要伝統的建造物群保存地区(武家町)
所在地:大分県杵築市


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 大分重伝建

廿日市市宮島町 (広島) 【重伝建・重文】

厳島神社の門前町です.2021年8月選定の重伝建.地区内に重文の林家住宅があります.
※「宮島の町並み」として書いた記事を新選定を受けて記事更新.林家住宅の記事と統合しました.

廿日市市宮島町1
【廿日市市宮島町 #1】(HDR合成,撮影:2013年12月29日)

世界遺産の厳島神社のまわりにできた門前町です.江戸時代のものも含めて町家が多く残っています.

写真奥の塔は重要文化財の「厳島神社五重塔」(参照:厳島神社 #1).この塔のある塔之岡という丘陵の東西で雰囲気がちょっと違っています.写真は東側で,江戸時代までに埋め立てられたところ.



宮島の町並み
【廿日市市宮島町 #2】(HDR合成,撮影:2013年12月29日)

町の成立は西側が古く,中世末には大聖院と大願寺の門前町が形成されていました.写真は登録文化財の宮島歴史民俗資料館の周辺で,大願寺も近いです.もともとは醤油の醸造をしていた商家の江上家の住宅で,19世紀前半に建てられた町家が資料館として利用されています.



林家住宅
【林家住宅】(HDR合成,撮影:2013年12月29日)

伝建地区の西側の大聖院の門前にあるのがこの社家住宅.重文指定は主屋と表門.主屋は非公開で撮りにくいので,ここでは表門.非公開だけど門の隙間などから見えます.表門は一間の薬医門で.祈祷札から元禄16 (1703)年の築.主屋は居室部と座敷部からなっていて,居室部の方が古く表門と同時期のものとされています.厳島神社の神官を勤めた家で,上卿職に代々ついていたということで上卿屋敷ともよばれています.



名称:廿日市市宮島町(はつかいちしみやじまちょう)
文化財区分:重要伝統的建造物群保存地区(門前町)
所在地:廿日市市宮島町

名称:林家住宅(はやしけじゅうたく)
文化財区分:重要文化財(近世以前/民家)
所在地:広島県廿日市市宮島町滝町


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 広島重伝建重文民家

たつの市龍野(兵庫) 【重伝建】

龍野城の城下町の一部.2019年の重伝建選定.種別は商家町と醸造町となっています.
※重伝建選定を受けて記事の修正を行いました.

龍野の町並み
【たつの市龍野】(HDR合成,撮影:2013年2月24日)

写真は如来寺という寺院と醤油蔵との間の通りの風景.醸造町なので,こんな醤油蔵も残っています.

町家も載せたいところだけど,いい写真がなかった.また撮りに行きます.武家屋敷はあまり残っていないようだけど,武家町の町割りはよく残っていました.



名称:たつの市龍野(たつのしたつの)
文化財区分:重要伝統的建造物群保存地区(商家町,醸造町)
所在地:兵庫県たつの市


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 兵庫重伝建

旧境家住宅 (熊本) 【重文】

肥後民家村に移築された民家です.

旧境家住宅
【旧境家住宅】(HDR)

柱墨書から文政13 (1830)の築.正面からは直屋のように見えますが,棟筋がコの字型になっています.佐賀県とその周辺にみられるクド造に似てますが,棟を平行に並べた二棟造の発展したものとされているようです.構造がわかる写真が撮りにくかったので,ここに載せるのは屋内の写真で.屋根の谷間には雨樋があります.右側が土間棟で,左側が居室部.居室部には3部屋が並んでます.旧所在は玉名郡玉東町で,熊本県北部では二棟造が多くあったようです.肥後民家村内には二棟造の「旧緒方家住宅」もあるので,あわせての見学をお勧めします.

国宝の出土品で有名な「江田船山古墳」も近く(「江田船山古墳 附 塚坊主古墳・虚空蔵塚古墳」として史跡,江田船山古墳出土品は「肥後江田船山古墳出土品」として国宝),古墳と民家園で一体的な歴史公園のような整備がされています.



名称:旧境家住宅(きゅうさかいけじゅうたく)
文化財区分:重要文化財(近世以前/民家)
所在地:熊本県玉名郡和水町大字瀬川


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 熊本重文民家

神尾家住宅 (大分) 【重文】

中津市南部にある民家です.

神尾家住宅
【神尾家住宅】(HDR)

部材墨書から明和8 (1771)年の築で,年代がわかっているわりに古い民家.所有者の方がいうには会津の大工が建てたそうで,会津の曲屋の流れをくんでいるらしい.東北では岩手を除いて棟がL字に曲がった民家はあまり曲屋とはいわないので,ここでは中門造というべきか(曲屋というと南部曲屋をさすことが多い).見た感じはよくわからないんだけど.土間部分に馬屋があるのは九州ではあまりないかも.



名称:神尾家住宅(かみおけじゅうたく)
文化財区分:重要文化財(近世以前/民家)
所在地:大分県中津市山国町大字守実


テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 大分重文民家

ご案内
プロフィール

タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)

Author:タカシ☆TZR(ヤブキ タカシ)
兵庫県出身,大学からは宮城.その後,横浜での勤務を経て現在は東京勤務で千葉県在住.愛機はYAMAHAのTZR250R.

国内の文化財の写真を適当に載せていきます.今のところ隔日ぐらいの更新にしてます.日本の美にこだわって近世以前のものを中心に.こんなタイトルのブログだけど,バイクで行ったところでないところの話もでてきます.

←ブログランキング参加してます.気に入った写真や役に立った情報などあればクリックお願いします.

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

twitter
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグcloud
都道府県別タグ一覧
北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
2県以上県外移築
文化財区分別タグ一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク